ホーム » 2014年08月

夏バテ・体調不良を改善する方法|ヘソ下[丹田]をさする

東洋医学で生命力の源とされるところが<丹田>です。
古来より、心身の健康を保つのに最も重要なところとされています。


場所は、へそから指3本分下のところです。
丹田.jpg


私たちのお腹の中には、いくつかの重要な臓器があります。
その中でもヘソ下にある<腸>が特に重要です。


腸と聞けば、便を排泄する消化器と思い浮かべる人が多いと思いますが、
実際には、腸は想像以上に多様かつ重要な働きをにない、脳の機能や免疫、
さらには血液の若々しさなど、全身の健康に影響をもたらしています。


腸のよし悪しは、私たちの心と体の健康を左右しているといっても
過言ではありません。


腸内環境がよく腸の健康が保たれていると、セロトニンやドーパミンなどが
分泌されやすいことが分かっています。


セロトニンやドーパミンは、別名「幸福ホルモン」と呼ばれ、怒りやストレスを
鎮めるほかに、脳と身体を覚醒させて活力を生み出したり、幸福感を増幅させたり
する働きがあります。


腸内環境が悪いと幸福ホルモンが不足してやる気の低下やウツ、認知症(ボケ)を
招きやすくなる可能性が高いのです。


ヘソ下には、体内の老廃物を体外へ排泄する臓器があり、その奥には腹部大動脈が
あり、上半身と下半身をつなぎ、血液の運搬を仲立ちする重要な血管があります。
血管足の.jpg

ヘソの奥の骨盤周辺には、上半身をしっかりと支え、下肢をスムーズに動かす
ために欠かせない深部筋もあります。


西洋医学にかぎらず東洋医学においても、下腹部は重要な部位です。
ヘソ下<丹田>が充実していると、心身の健康を保てます。


体調不良の時に、ヘソの下をさわって冷たかったり、硬かったりします。
そのような時に、この丹田を、手でさすったり、指でつまんだり、
腹式呼吸などをしてみてください。
つまみ方2.jpg


夜、布団に入った時などにさすったりすると、よく眠れるし
朝にベンがたくさん出るようになり、体調が良くなります。



« スポンサーリンク »

お腹の調子が悪く疲れが抜けない|おなかのマッサージが効果的

以前は、病院に行けばお腹を触って診察をしてもらえましたが、
最近はお腹を触ってくれる先生がほとんどと言っていいほどいません。


お腹はもともと人間の弱点の一つであり、健康のバロメーターでもあります。
お腹を触れば、ある程度その人の状態がわかります。


硬いところや冷たいところ、腫れているところ、へこんでいるところ
といったいろんな反応があります。


それによって、どの臓器が動きが悪いのか弱っているのかを診ることが出来ます。


お腹には、たくさんの重要なツボがあります。
マッサージや鍼灸などで、お腹をほぐすと、内臓の働きが良くなり
体調が良くなります。
腹部.jpg腹部のツボ.jpg

腹部の反射区.jpg

◆  効果

食欲不振、胃腸障害、逆流性食道炎、便秘、胸やけ、生理痛・不順、更年期障害、
不眠、鬱(うつ)、イライラ、冷え性、だるさ、むくみ、首・肩こり、つわり
疲れ、体調不良、


◆ おなかのマッサージの仕方


・指の腹で軽く押す。

・出来れば、誰かに押してもらってください。

・食後一時間以上たってからすること


注 : 絶対に強く押さない!!   
    かえって体の調子が悪くなったりするので。

おなか1.jpg
1.腹部全体をなでる。
右の下腹部から時計回りに  3〜5回

おなか3.jpg
2.左右の肋骨の際を「ハ」の字に軽くなでる。 5回
  

おなか2.jpg
3.ミゾオチから恥骨まで4指の腹でなでる。 3回


おなか5.jpg
4.大腸の走行に沿ってなでる。  3回


おなか7.jpg
5.へそとミゾオチの真ん中を軽く押さえる。 10秒を3回


おなか9.jpg
6.へそと恥骨の真ん中を軽く押さえる。  10秒を3回


おなか10.jpg
7.へその横、指4本分のところ 右5回、左5回 軽く押す。


おなか11.jpg
8.7のその下、指4本分のところ 右5回、左5回 軽く押す。


毎日する必要はありません。
週に1回程度してください。


全部をするとより効果がありますが、全部を必要もありません。
最低限1〜4はしてください。

うまくすると、お腹が緩むとゴロゴロと音が鳴りますよ。

« スポンサーリンク »

施術内容と営業時間

御迷惑をお掛けします。

◆ 施術内容

整骨:保険が使えます。
   低周波, 冷・温罨法, 患部の後療(マッサージ)
   関節調整, 微弱電流 

   
鍼灸:医師の同意書があれば、一部保険が使えます。

   肩又は腰  2200円〜
   背中全体  2800円〜
   全身    3900円〜
   小児はり  1000円

◆ その他

・カイロプラクティック(脊椎骨盤矯正) 2600円
美容整体               2600円
・小顔マッサージ            2100円
・小顔矯正               6900円
・内蔵リフレッシュ           1000円
・カッピング(吸玉)          2100円


◆ 受付時間
受付時間.jpg
印の予約は、実費の方、交通事故の方に限ります。


時間外 予約電話 ⇒ 09084828610 (実費、交通事故の方、限定)


私事の諸事情により、しばらくの間は上記の時間になります。
HP ⇒ http://takafujiseikotuin.web.fc2.com/

« スポンサーリンク »

来院頻度(回数)の目安

だいたいの目安を書いておきますので、参考にしてください。
お客様の悩みや症状によっては、その頻度は当然変わります。

◆保険の場合

急性の時         ・・・・・・できるだけ詰めて
亜急性の時        ・・・・・・週に2回程度


◆実費の場合

肩こり、腰痛(慢性の場合) ・・・・・・2週に1回程度     (1〜3ヶ月)
肩こり、腰痛(痛みのある場合) ・・・・できるだけ詰めて


だるさ、疲労感(慢性の場合) ・・・・・2週に1回程度     (1〜3ヶ月)
だるさ、疲労感(急性の場合) ・・・・・できるだけつめて


不妊治療          ・・・・・・2週に1回       (6ヶ月〜1年)
妊婦さん(痛みがない場合) ・・・・・・2週に1度程度     (出産直前まで)
妊婦さん(痛みがある場合) ・・・・・・できるだけ詰めて


カイロプラクティック
骨盤矯正(産後を含む)   ・・・・・・・2週に1回程度     (1〜3ヶ月)


美容整体          ・・・・・・・最初は、週に1回を3〜4週
                     その後、2週に1回程度  (最低3ヶ月)

小顔マッサージ       ・・・・・・・最初は、3日に1回を2週
                     その後、2週に1回程度  (最低3ヶ月)

小顔矯正          ・・・・・・・最初は、4日に1回を2週
                     その後、2週に1回程度  (最低3ヶ月)


内臓リフレッシュ      ・・・・・・・週2回を2〜3週間
                     その後、週1回      (1〜3ヶ月)


メンテナンス        ・・・・・・・・2〜4週に1回     (特に、期限なし)


◆交通事故         ・・・・・・・・出来るだけ詰めて    (1〜4ヶ月)

*これは、あくまでも院長の施術経験から、ベストな施術の目安です。                 

« スポンサーリンク »

表情筋チェック

年齢と共に目尻や顎のたるみが気になりますよね。
そこで、顔の筋肉がちゃんと動いているかチェックしてみましょう。


動きの悪いところ(筋肉)を知り、弱っている表情筋を鍛えると
たるみが改善されます。


表情筋  チャート    正常は 40点

このチャートは、臨床で専門家によく使われている顔面部位評価法(40点満点柳原法)で
38点以上は正常で8点以下を完全麻痺とします。


顔面神経麻痺の検査に使用する検査法ですが、表情筋チェックにも使えます。
左右の表情筋がちゃんと動くかチェックしてみてください。


1.安静時非対称

・左右対称                  4
・緊張はみられるが、左右差あり        2
・緊張なし、眉毛と口角が健側より下垂する   0


2.額のしわ寄せ

・左右対称                  4
・しわの左右差(数と深さ)          3
・しわがよる                 2
・眉毛が動く                 1
・不動                    0


3.軽い閉眼

・左右対称                  4
・まつ毛のわずかな左右差があるが、兎眼はない 3   兎眼=目が半開き状態のこと
・まぶたが動くが兎眼がある持続的な閉眼    2
・まぶたがかすかに動く一瞬閉眼するが持続しない1
・まぶた不動                 0


4.強い閉眼

・左右対称                  4
・軽度の閉眼時より閉じるが左右差あり     2
・軽度閉眼時と不変              0


5.片目つぶり

・左右対称                  4
・できるが兎眼あり              2
・不可                    0


6・鼻翼を動かす

・左右対称                  4
・少し動く                  2
・不動                    0


7.頬をふくらます

・左右対称・息がもれない           4
・わずかな左右差・息が少しもれる       3
・頬の膨隆はあるが、息がもれる        2
・頬の膨隆なく、息もれのみ          0


8.イーと歯を見せる

・左右対称                  4
・わずかな左右差               3
・口角が麻痺側に動く             2
・口角が固定しちるが、緊張は見られる     1
・麻痺側の口角が健側に優位する        0


9.口笛

・左右対称                  4
・口角、口唇が動く              2
・上下の口唇が開大してしまう口角は不動    0


10.口をへの字に曲げる

・左右対称                  4
・口角の下制がみられ、広頚筋の緊張あり    2
・口角不動で広頚筋の緊張がみられない     0 


1〜10の動作で何番の動作がしにくかったですか?
しにくかった動作の筋肉が弱っているので、その動作を日頃から心がけて
動かすようにすると<たるみ>の改善になります。

« スポンサーリンク »
1 2 次のページ »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。