ホーム » 2014年08月

疲労回復にお灸をすえる|足三里が効果的

最近、健康保持のため、広く”足三里”のお灸が見直されてきています。


昔から、無病息災のツボとして広く行われてきた
<足三里のお灸>は古くは天保の時代に230歳まで長生きしたと
いわれる三河の国の百姓万兵衛とその家族は、みなこの”足三里”に
お灸をすえていました。


また、あの有名の芭蕉爺も長い道中、”足三里”に灸をすえながら
旅を続けたということが「奥の細道」の中で述べられています。
図足三里.jpg

各大学病院においても
「お灸をしている人は、ガンになりにくいようだ」という
報告がなされています。


では”足三里”にお灸をすえると、どのような効果があるのでしょう。

1.動脈、静脈、リンパ液の流れがよくなり、身体の老廃物を流して老化を防ぎます。

1.白血球などが多くなり、免疫力が高まります。

1.胃腸の働きがよくなり、消化吸収がよくなる。

1.各種ホルモンバランスが調整されます。

1.呼吸器系にも作用し、新しい酵素を取り入れやすくなり、炭酸ガスの排泄をしやすくします。

     などから
   ↓   ↓   ↓

消化不良、便秘、のぼせ、冷え性、肩こり、目の充血、高血圧、更年期障害、自律神経失調症
ノイローゼ、ウツ、糖尿病、神経痛、胃腸障害、疲労回復、健康増進


● 足三里の場所

膝を曲げてイスに座り、右の膝なら右手で、手のひらで膝のお皿を包み込むように手を当て
人差し指を脛に当て指を軽く広げます。

その時に、薬指のところが<足三里>です。   下の図を参考に
膝3.jpg足三里2.jpg


● お灸の仕方

もぐさを小さくちぎるのは難しいので、はがきに乗せて左右にゆすると
細長い紐のようになります。


それを小さくちぎります。
足三里のツボにマジックインキで印を付けて、ちぎったもぐさを載せて
線香で火をつけます。


もぐさ.jpgもぐさ1.jpg

もぐさ2.jpg



灸.jpg

月初めにするといいでしょう。
1回に3個すえると効果があります。


膝が痛い人、水が溜まっている人、お灸をすえて見てください。
楽になりますよ^^


直接、お灸をすえるのはちょっと・・という方は、
薬局などで売っている温灸でもイイですよ。



« スポンサーリンク »

突然肩が上がらない!コレって五十肩?

ある日、突然肩に激痛が走って、腕が上がらなくなると
誰もが<五十肩?>と思ってしまいます。


普通の肩の痛みと五十肩とは、どう違うのか?


普通の肩痛は、痛いながらも腕が上がります。
五十肩は、あるところから上に上がりません。


髪の毛をとくことができない。
シャツの袖に腕を通せない。
ブラジャーが止めれない。
お尻がふけない。
顔が洗えない。


といったようにな症状があります。


肩が痛いと五十肩・四十肩と決めつけないようにしましょう。


痛みが強い時は、安静が第一です。
無理に動かさないようにすることです。


一番痛いところをピンポイントで氷で冷やしましょう。


肩を施術してもあまり症状が和らがない場合は
ほかの部分が影響していることが多いです。


特に、内臓の働きが弱っていて肩の痛みを強くしていることがあります。
肩痛1.jpg


みぞおちから肋骨に沿って触ってみて痛い場合は、内臓が関係しています。


お腹の触り方
お腹の押さえ方1.png


その痛みのところをゆっくりと30秒ほど押してみてください。
お腹がゆるむとグチュグチュとお腹がなります。


1回でダメなら、数回してください。

<参考>
内臓リフレッシュ1

内臓リフレッシュ2

« スポンサーリンク »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。