ホーム » 2015年04月

化学食塩と天然の塩とは少し違います

食毒のお話を・・・


最近Facebookなどでは“糖質”にスポットを当てて発信されている
情報が多いです。


まあ、食全体を見渡せばややこしいもんだらけです。


そこで今回は塩の話を少々。


塩は砂糖よりも、悪者扱い
され始めた時期が早いです。


塩は人体に必要不可欠であり
細胞を引き締めて身体を温める働きをしてくれます。


しかし、塩分を取りすぎると腎臓が悪くなり、
また腎臓が悪くなると塩辛いものが欲しくなります。


腎臓は血圧の調整もしていますので、
塩分過剰で腎機能が低下すると、高血圧になることもあります。


まずは、精製された化学塩をやめることです。


いわゆる食塩というやつですね。

これは化学薬品です!


昭和46年にイオン交換膜製塩法が
認められてから、化学塩というものが出始めました。


この化学塩は天然塩と比べると、
カルシウムが53分の1
カリウムが10分の1

さらに・・・

モリブデン・セレン・マンガン等々のミネラルはまったく含まれておりません。


ただし、これは2001年3月までの時限立法でしたので、
それ以降は天然塩も容易に手に入るようになってきています。


○○の塩とか、どこそこの岩塩とかですね。


少々コストが高くなりますが、一番良いのは天日干しの塩です。


天日干しだと、体内でNa+とCl−に分離しますのでね。

是非見直してください。


天日干しの塩であれば、少々過剰でも大丈夫です。


塩分の過剰摂取は、前述の通り腎臓が影響を受けてしまいます。
ですので、身体はねじれるタイプの歪み方をします。


異物混入とかで騒いでますけど、
食塩なんかそのものが異物より怖いんちゃいますかー。


異物混入は困るけど、でも
それで死ぬことはないもんな。



« スポンサーリンク »

ダイエットで空腹時イライラしない方法|4つの耳ツボを刺激する

「痩せたいけど食べるのを我慢できない」「空腹時のイライラに耐えられない」
などの理由から、ダイエットに失敗した経験がある人は多いと思います。


また、なかにはせっかく痩せたのにリバウンドに泣かされたという、
ダイエットスパイラルに陥ってしまった人もいるはず。


社会に出て頑張っている女性にとって、日常生活に食事制限や運動を取り入れることは、
とても気合いがいること。そのため、なかなかダイエットを継続できないんですよね。


そこで、「どうしたらダイエットのツラさから解放されるんだろう」と
頭を悩ませているダイエットジプシーの人にオススメしたい、とっておきのテクニックに
ついてお話していきたいと思います。


■耳ツボはダイエットのツラさを和らげる

耳はお母さんのお腹にいるときの胎児の形によく似ています。
そして、その胎児の体と重なる部分に、ツボが分布しているといいます。
耳ツボ.jpg

耳ツボを刺激すると、体の中から体質改善ができるというのは、
みなさんご存知のとおり。


実際に耳をもんだりさすったりした後に、顔や体がポカポカと温まって
血行が良くなったと感じたことがあるのではないでしょうか。


このようにツボの宝庫である耳には、ダイエットに効果的なツボがあります。
空腹時のツラさやイライラを和らげて、リラックスした状態へ導くツボは下記のとおりです。


■ダイエットに効果的な耳ツボの場所

ここでは、ダイエットに効果的な耳ツボを4つご紹介します。
指や綿棒を使って優しく押してみてくださいね。


食欲を抑制する”飢点(きてん)”というツボは、食事の15〜20分前に
押すと暴飲暴食を防ぐことができますよ。

(1)飢点・・・食欲を抑制する。
        耳の穴の前にあるふくらみの、やや下のへこんだ場所にあるツボ。

(2)神門・・・イライラを解消し、気持ちを落ち着ける。
        耳上部のY字型軟骨の間にあるツボ。

(3)腎・・・水分の代謝を高めて、むくみを解消する。
       神門から下がったY字型軟骨の下にあるツボ。

(4)肺・・・代謝を高めて、脂肪を燃焼しやすくする。
       耳の穴の入り口の際の平らな部分にあるツボ。
耳つぼ.png
いかがでしたか? 


耳ツボを刺激するだけで、ダイエットのツラさから解放されるなら、
試さない理由はないのでは? 


「ツボの位置がわかりにくい」「一つ一つのツボを押している時間がない」という人は、
耳ツボをまとめて刺激しましょう。


耳を手で押さえて前に閉じたり、後ろに倒したりすると、
耳全体を刺激できて血行が良くなりますよ。
ひっぱる.jpg

下にひっぱる.jpg

曲げる.jpg

« スポンサーリンク »

1日5分走るだけで、血圧も下がって寿命が3年延びる!?  

medicaldaily.comの記事

「走ることで得られるメリット」

が書かれていました。


走らない人にとってみると、走ること=辛いことというイメージだと思います。
そして、体型維持やダイエットのためでなければなかなか、
走ろうとは思わないのではないでしょうか。


しかし、走ることには健康になるための様々な要素が含まれています。
さらには、1日5分走るだけで、寿命が3年も延びるそうですよ。


■1:脳の働きが良くなる


適度な運動は、心臓の動きを活発にさせ、脳を含む体中の血の巡りをよくしてくれます。


2013年、「Frontiers in Aging Neuroscience」では、
ランニングなどの有酸素運動を短時間行うことによって、脳が活性化し、
認知能力が向上し、心臓血管の動きもよくなり、健康的に年齢を重ねることが
可能になるという研究結果が発表されました。


座っていることが多い人は、脳の海馬(記憶や空間学習能力に関係する部分)への
血流量が減り、アルツハイマーになる可能性が高まるようです。


ただし体を動かすことは、脳の一部に影響を与えるということで、
脳全体の血流量があがる訳ではありません。


■2:気分がよくなる


嫌な日でも、そうでない日でも、走ることで気持ちは明るく、ポジティブになります。
ランナーズハイという言葉があるように、走った後には多幸感を得ることができます。


2012年に「The Journal of Experimental Biology」で
発表されたところによると、激しく、持続力が必要な運動を行うと、
脳内化学物質のひとつで、気分を向上させる物質が増加することが報告されています。


■3:不安や鬱もすっきり、よく眠れるようになる


朝、走りに行くことでその夜の快眠効果が期待できます。


2012年の「Journal of Adolescent Health」では、
朝、走っている人は十分に睡眠をとれていることが発表されました。


また、睡眠の質、気分、さらには日中の仕事への集中力も向上し、
昼寝の必要性も感じないそうです。


朝以外に走る場合も、睡眠に良い影響を与えます。
運動は体温を上げてくれます。


そして、体温が下がることによって、運動をした後に眠気が引き起こされます。
目覚めもすっきりし、不安や鬱にも効果があります。


■4:血圧を下げる


走ることを含む定期的な運動は、血圧に好影響を与えます。
走ることで、一時的に血圧は上がってしまいますが、運動することで
自然と起こる血圧上昇は心配する必要ありません。


1日5分、走るか、もしくは15分、早歩きすることによって、
高血圧、高コレステロール、糖尿病になるリスクを軽減することができます。


■5:心疾患のリスクを下げる


2014年の「Journal of the American College of Cardiology」で
発表された研究結果によると1日5分、走るだけで心臓血管疾患になるリスクは半分になります。


定期的に走っている人は、病気で死亡する確率が30%低くなり、
また心疾患に限って言えば45%も死亡する確率が低くなるそうです。


■6:寿命が長くなる


「Journal of the American College of Cardiology」では、
走ることが、病気になるリスクを下げるだけではないことも発表されています。


平均的に、走っている人は、ただ座っているだけの人よりも3年程、
寿命が延びるそうです。


1日、たった5分走ることを続けるだけで、寿命が延び、
また医者いらずの体になるということですね^^


と言って、いきなり走ったり、最初から高い目標値を設定するのはダメですよ。
必ず体をほぐし、走った後のストレッチも欠かさずにしましょう。


またどうしても走ることは考えられない、という方は1日15分、早歩きをしてみてください。
無理をせず、続けられる運動を選ぶことが大切です。


ジムなどに行かなくても、仕事帰りに頑張って1駅分早歩きするだけで、
継続すれば十分に効果を感じることができると思います。

« スポンサーリンク »

生理の周期を知ってダイエットする

生理周期を知ってダイエットする。


1.生理前後10日

それは生理前後10日の間の出来事ではないですか?
生理前後の10日間位は、女性ホルモンのエストロゲンが低下している時期です。


この時期は脂肪組織で、脂肪の合成を促すリポタンパク質リパーゼも増えています。
食欲が増す時期でもありますが、食欲のまま甘いものやカロリーの高いものを
食べ過ぎるとすぐに体重が増えてしまいます。
基礎体温.jpg

2.生理後

生理が終わってからの3、4日後から排卵日の次の日くらいまでは
エストロゲンの分泌が増える時期です。


エストロゲンは体脂肪の分解を促すホルモン感受性リパーゼ(HSL)を活性化します。
有酸素運動をすることにより、HSLの脂肪を分解する働きはさらに促進されます。


ということは、生理が終わってからの8〜9日間にジョギングやウォーキング、
エアロビクスなどの有酸素運動をすれば脂肪燃焼効果が最大になるということです。


この時期は毎日、少なくとも1日おきに、
30分以上の有酸素運動がオススメです。


3.食欲が止まらない時

エストロゲンが低下している生理前後の10日間くらいは、
基礎体温が高く基礎代謝も高くなっています。


しかしホルモンの関係で食欲も増加し、
脂肪の合成も活発な時期だから太りやすいのです。


また便秘になりやすい時期でもあります。

こんな時期は無理に食事量を減らすのではなく、
食物繊維を意識して食べるようにして、全体の摂取カロリーを抑えましょう。


4.カラダのリズムを知って賢くダイエット
基礎体温.jpg

女性のカラダと心はとてもデリケート。
ホルモンで食欲も左右されますが、体重の増える時期には神経質にならず、
脂肪が分解されやすい時期に運動を頑張る。


ダイエットはONとOFFとメリハリをつけることも長続きのコツです。

« スポンサーリンク »

腰痛の危険度チェック

腰痛にならないためにも、チェックしてみてください。

□ イスに長い時間座ることが多い

□ 重いものを持ちことが多い

□ 中腰での作業をよくする

□ 姿勢が悪いとよく言われる

□ 太っている

□ 歩くことがない

□ 車にのることが多い

□ ズボンの後ろポケットにいつも財布や手帳を入れている

□ ショルダーバッグやモノをいつも同じ方で持つ

□ イスに浅く腰をかけて座ることが多い

□ 車のシートを後ろに下げて運転する

□ あまり運動をしない

□ やわらかいベッドあるいは布団で寝ている

□ 背中を丸めてイスに座ることが多い

□ 足を組んで座ることが多い

□ イスよりも床に座ることが多い

□ 朝、起きると腰が重く感じる

□ 仰向けに寝れにくい

□ 寝る直前まで食べたり、飲んだりしている

□ 毎回、お腹いっぱい食べている


チェックを入れた数が多いほど危険です。


★ 姿勢と腰にかかる圧力

腰の圧.jpg

« スポンサーリンク »
1 2 次のページ »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。