ホーム » 2015年06月

ぎっくり腰・腰痛は姿勢が関係している

今日はぎっくり腰を繰り返す人へのアドバイスについて
お話をします。
腰痛い.jpg

ぎっくり腰を何度も繰り返すと多くの場合坐骨神経痛を
発症します。


その次は、腰椎ヘルニアになる可能性がとても多いです。


そもそもぎっくり腰とは何でしょうか?
正確には、腰部の捻挫ですね。


ぎっくり腰にも2種類ございます。


ひとつは多くの方が思っている、いきなりの激痛です。
これは重いものもったり、ちょっとした動作、くしゃみ、せき等
なった瞬間に自覚がある場合です。


もうひとつは、全く本人に自覚がないぎっくり腰です。


実は、こちらの方が慢性的になります。


ぎっくり腰もきちんと治さないと3ヶ月、半年、1年、2年と
かなり長引きます。


当院でも、慢性ぎっくり腰で10年来と言う方も沢山いらっしゃいます。
ひどい人では、20年来の慢性ぎっくり腰と言う方もいました。


不思議な事に、その人たちは、ご自分がぎっくり腰と言う自覚無いのです。
ではどう思っているのか?!


ご自分の、持病だと思っているのです。
いわゆる慢性的腰痛だと思っているのです。


その多くの方たちは、坐骨神経痛も併発しております。
本当に辛そうな方が多いです。


そして、不思議な事にご自分の姿勢が悪いと言う
自覚がありません。


良い座り方をアドバイスすると、慢性的な人ほど
その姿勢ができません。
sisei.jpg

そこで、姿勢の重要性を徹底的にアドバイスいたします。


出切る限りの良い姿勢の習慣が良い健康貯金になることを
お話します。


 今は、健康貯金が無い状態なのですよ!
良い姿勢が良い習慣になれば、
健康貯金は増えてきます。

良い姿勢が良い習慣になる事が
完治する事なのです!


ときちんとお伝えする事がとても重要です。


痛みが無くなれば、それでよいと思っている方が多いです。
それでは、何度も再発するし再発するたび腰も曲がります。


ぎっくり腰=腰曲がり
の原因と言えるのです。


腰が曲がれば、次は膝に来ます。
変形性膝関節症と言う老人性O脚になります。


ぎっくり腰をきちんと完治させる事はとても重要です。
一発で、ぎっくり腰が治った!
と喜ばれるより、


ぎっくり腰だけでなく
「最近姿勢がよくなったと言われるようになりました!」


と患者様に言われるような治療家が素晴らしいと思います。



« スポンサーリンク »

熱中症対策

本格的な夏を迎える前に、熱中症に備えましょう。
暑さに強い身体を作るために「インターバル速歩」が
オススメです。


● インターバル速歩

早歩きと遅歩きを3分間ごとに交互に繰り返し歩くことです。
できれば30分間続けて歩きます。


運動が終わって30分以内に、タンパク質と糖分を含んだ食品を
摂るようにするのがポイントです。


タンパク質や糖分が血液の量を増やして、体温を整える働きが
よくなります。


週に4日以上、一ヶ月ほど続ければ、熱中症になりにくい体質に
なるそうです。


体質改善には、ある程度の期間が必要なので、夏に向けて今すぐ
にでも始めることです。


湿度が高い日は、体温が下がりにくく熱中症になりやすいため、
梅雨の晴れ間には気をつけて、喉が渇いたと感じる前に、
こまめに水分補給を心がけましょう。


◆ インターバル速歩の仕方

・背筋を伸ばして姿勢よく

・腕を直角に曲げて、大きく振る

・できるだけ大股で歩く

・かかとから着地する

・25メートル先を見ながら歩く

はやおそ.jpg

« スポンサーリンク »

健康の基本的な考え方

現代はモノに恵まれ、中流家庭の意識が高い生活の中で、
特に「健康」についての願望が強いようです。


健康ということは従来「病気でない」とか「単に長生きする」と
いうような捉え方をしてきました。


カラダの状態が良好であるというように考えられていますが、

世界保健機構(WHO)は
「健康とは、単に病気や虚弱が存在しないばかりでなく、
身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態をいう」との
定義をつけました。


そこで生活の充実感、幸福感、豊かな人生とさらに多様に変わって行く
社会に対して適応性や生活のバランス、積極的な生活能力などが
「健康」という言葉の説明になっています。


病気や死から遠ざかろうとするための努力だけでなく、
生活の向上に積極的に努力することも含まれています。


厚生労働省から毎年発表されている「出生者の将来死因に関する統計」
の推移を見るだけでも恐るべき傾向が示されています。


10年前には約30%だった心臓病や血管系による死亡が約40%にもなり、
増加の傾向を示しています。


最近の傾向では、生活習慣病が高齢者から壮年者にまで多く
現れてています。


いずれにしても、筋肉の衰えや贅肉が目立つようになると生活習慣病の
誘因になりやすく、肉体労働に代わる筋肉トレーニングを生活の中に
定着させる必要性が強くなってきます。


一般的に「カラダの器官は使えば使うほど、その機能は高まりますが、
使わないでいるとその働きは鈍ってしまう」という原則があります。


次に「病は気から」と昔から言われていますが、病気になったら
患者自身が治そうという強い信念を持つことが第一の必修条件であって、
医師や柔道整復師、鍼灸師は、それに協力するためにあるのだと話された
医師がいます。


心の持ち方や生きる態度ということから健康的であることが重要です。


次の事柄について、あなた自身はどうですか?

1.生きがいを持っている

2.精神的に安定している

3.自分の感情や意志をハッキリ他人の前で言える

4.小さな事柄に対してクヨクヨしない

5.前向きの人生

6.不平不満があっても適切に処理している

7.ストレスをかかえない

8.不足の暮らしの中でも自分の安定を保つ事ができる

9.他人とのかかわり合いを円満にできる

10.病気に対して積極的に処理している

11.経済状態を自分なりに安定を保つ事ができる

12.仕事と休養のバランスを上手にとっている

13.食事に対して不満を持たず、満足している


基礎体力の自己判定

a.強い筋力を発揮できる

b.瞬発力を持っている

c.心臓や呼吸昨日は健全である

d.スピーディーは活動ができる

e.柔軟な筋肉や関節をしている

f.運動機能の調整力を持っている

g.階段を駆け上がったり、下がったりできる

h.深い呼吸ができる

i.片足でしばらく立っていられる

o.平衡感覚がある

p.栄養のバランスを考えた食生活をしている


以上のチェックをして全部が良好とはいかないと思いますが、
常に頭に意識して生活の基礎を固めましょう。


少し意識して生活するだけで、数年後のその差は・・・・

« スポンサーリンク »

暑い季節を簡単な運動で乗り切る方法

汗ばむ季節になってきました。


暑いからといって涼しい部屋でじっとしていたり、
カラダを動かさないでいると健康によくありません。


むしむしジメジメした梅雨と暑い夏を乗り切るために、
今からカラダを動かして鍛えていきましょう。


涼しい部屋でもできるタオル体操を紹介します。


◆ タオル体操のメリット

1.タオルがあればどこでもできる。

2.床に座ったまま、椅子に座ったままできる。

3.激しい運動ではないのでカラダに負担がかからない。


● カラダの柔軟性を高める体操

・首ストレッチ

1.タオルを頭の後ろにまわし、ゆっくり下に引く。

2.左手のタオルを少しずつ下に引き、右斜め下を見る。 
 (反対側もする)
タオル1.jpg

・背中ストレッチ

1.肩幅にタオルを持ち、前に押し出しながら
  おへそを覗きこむ。

2.タオルは前方に、背中は後方に押し出す。
タオル2.jpg
<ポイント>
・呼吸を止めずに10〜20秒かけてゆっくり
・無理せず気持ちのよいところで止める
・伸びている部分を意識する

● 筋力アップトレーニング

・胸の筋トレ

1.両手の指を組み、左右の肘で丸めたタオルを挟む。

2.肘を胸の高さに保ちながら、タオルを押し合う。
タオル4.jpg

・ももの前と膝の周りの筋トレ

1.脚を伸ばして床に座る。

2.膝の下に丸めたタオルを置く。

3.脚全体でタオルを押し付ける。
タオル3.jpg
<ポイント>
・回数は、10〜15回
・5秒かけて力を入れ、5秒止める
・呼吸は力を入れるときに吐き、力を抜くときに吸う
・鍛える部分を意識する

« スポンサーリンク »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。