ホーム » 2015年09月

夜泣きで夜ぐっすり眠れない

赤ちゃんの夜泣きがひどい場合、
お母さんはまともに眠れない日々が続き、本当につらいですよね。


しかし、一方で「うちの子は朝まで一度も起きずにぐっすり寝てくれる」
なんていう話もよく耳にします。


夜泣きがひどい赤ちゃんとそうでない赤ちゃんの違いは何なのか、
気になってしまいますよね。

illust942_thumbママと赤ちゃん2.gif

今回は、夜泣きのメカニズムを中心に、医師に解説していただきました。


一晩中眠れない場合も・・! 夜泣きの頻度は?


夜泣きとは読んで字のごとく、乳児が夜間に泣くことを指します。
生まれたての乳児は、時間の感覚がありませんから、夜でも昼でも
起きたり寝たりしています。


そして、空腹になったり、何か不快なことがあると、
泣いてそれを親に伝えます。


生後しばらく経つと、昼と夜の時間感覚が分かってきて、
お昼間にはよく泣いて授乳を求めますが、夜は基本的に
よく寝るようになります。


しかし、一晩に2回、多い場合は1,2時間おきに鳴き声を
上げることがあります。


これが夜泣きです。



夜泣きのメカニズムは空腹?


では、夜泣きは何のためにするのでしょうか?
これは単純に、空腹なのです。


成人は1日3回の食事で十分に空腹を満たしていますが、
乳児の場合は、一度に摂取できる量が限られているため、
数時間おきに空腹が訪れ、泣くわけです。


ただ、成人の場合、夜中に空腹で起きることはほとんどありません。
自律神経の働きで、就寝中は空腹をあまり感じないように
出来ているようです。


乳児の場合には、自律神経の働きが不十分ですので、
夜中眠っているようなタイミングでも空腹を感じると目を覚まし、
夜泣きをするというわけです。


夜泣きをしない子もいる?


夜泣きをするかしないかは個人差が大きいです。
一つは、どれほどおなかが減るか。


これは授乳量の違いや、消化、吸収の違いに寄ります。
成長とともにそれらの機能は発達しますし、
同じ週数の乳児でも個人差があります。


もう一つは、自律神経の働き


成長とともに昼夜の区別が付き、徐々に夜間に目を覚まさなくなる
ということを述べましたが、この働きも個人差が大きいです。


自律神経の発達により、夜泣きは徐々に減ってきます。


【医師からのアドバイス】


夜泣きに対してはどの赤ちゃんにも効くというような対処法がありません。
成長する一過程と思って付き合ってあげましょう。


とはいえ、お母さんも睡眠不足が続くと体力的にも精神的にもつらいもの。
夫婦交替で面倒をみたり、昼寝のタイミングで一緒に横になったりして、
なるべく睡眠をとるようにしてくださいね。


当院からのお勧め ⇒⇒⇒ 小児ばり 



« スポンサーリンク »

初めての妊娠で注意すること

お腹の中に宿ったばかりの命を守る、6つのこと!!


安定期に入るまでの妊娠初期(妊娠4ヵ月までの時期)は、
流産などの危険性が高いため、気をつけるべきことが沢山あります。

赤ちゃんはとてもデリケートな存在です。
akachan_ninshin妊婦.png

そんな愛おしい命を守るべく、下記の6つのポイントをしっかり抑えておきましょう。


1:心にゆとりをもって生活する


お母さんがイライラすると、それはおなかの赤ちゃんにも伝わります。
心にゆとりをもって、できるだけ楽しくマタニティライフを過ごしていきましょう。


2:重いものを持つ時に気をつける


布団の上げ下げや、重い荷物を持ったり、子どもを抱っこしたりする際には、
ゆっくり立ち上がるようにしましょう。


お腹に力の入る動作は、流産のリスクを高める場合がありますので、注意しましょう。


3:フラットな靴を履く


妊娠中は、ヒールのある靴では足元が不安定になるため、
転びやすくなってしまいます。


転んでしまうと、お腹を打ってしまったり・・・と流産の危険性も出てきますので、
ヒールのない靴を履き、転倒に気をつけましょう。


フラットシューズやスニーカーがおすすめです。


4:生活習慣を見直す(アルコール、タバコなど)


タバコ、アルコールは、妊娠前から控えることが理想です。
アルコールを毎日飲んでしまうと、赤ちゃんの中枢神経に影響を与えてしまいます。


毎日飲酒することはいけませんが、たまにビールを小さいグラス1杯
飲む程度なら問題はないとされています。


その際、飲み過ぎに十分注意しましょう。


いっぽうタバコは、妊娠していることが分かったら、すぐに止めましょう。
タバコに含まれるニコチンは血流を妨げるため、流産、早産、前置胎盤、
胎盤早期剥離、不正出血、発育障害の危険性を高めてしまうのです。


また、未熟児や、脳の発育が不十分になるなど、さまざまな悪影響を
胎児に及ぼすことがはっきりわかっています。


そのため、妊娠中は絶対にタバコはやめるべきです。
妊娠中だけではなく産後もやめ、赤ちゃんにタバコの煙を
絶対に吸わせないようにしましょう。


5:運動はなるべく控える


基本的に妊娠初期でのスポーツはすすめられないことがほとんどです。
特に激しいスポーツは禁物。


また、妊娠初期は体が不安定なため、旅行や遠出など母体に
負担のかかる行動も控えるようにしましょう。


6:食生活に気をつける


妊娠前も妊娠中も、食事はバランスよく、適量を食べるのが大切です。
特に妊娠中の母体のとる栄養は、生まれてくる赤ちゃんの骨や歯の健康にも関係してきます。


妊娠初期は、胎児の臓器や重要な器官が形成される時期です。
妊娠初期は特に葉酸(胎児の神経発育のために大切)を普段より多く摂取するように心がけましょう。

« スポンサーリンク »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。