ホーム » 日記 » 痛みが出た時、ケガをした時どうしたらいい|応急処置の仕方

痛みが出た時、ケガをした時どうしたらいい|応急処置の仕方

皆さんからよく聞かれるのが、

ケガをした時、温めたらいいの、冷やしたらいいの、どっち!?

答えは、冷やす

温めた方がいいと思っている人が多くいますが、間違いです。
慢性的な痛みは温めても大丈夫ですが、急性の場合はダメです。

筋肉や靭帯、筋などを痛めています。


応急処置
1.冷やす
  痛めたところを、「氷」で冷やす
  ビニール袋に「氷」を入れて20分冷やす(20分以上しない)

2.固定する
  出来れば包帯を巻いて固定する。
  包帯が無ければ、ハンカチやタオルでもいいです。

3.安静にする。
  自己判断をして勝手な動きをしてはダメです。

上記の処置をして、出来るだけ早くに整骨院か整形外科に受診して下さい。

お風呂は、ケガしたその日は控えて下さい。
お風呂ぐらいはと思い、入ってから痛みが強くなることが多いです。

痛みが強くなると、良くなるのに時間がかかりますよ。
少し痛みが和らぐまで我慢しましょう。

ケガしたその日と次の日には、アイシングに集中して下さい。
三日目ぐらいになるとお風呂に入っても大丈夫です。

お風呂に入る前に、ケガした所を冷やしてから入ってください。
そして、お風呂から出る時にケガした所に冷水を1分かけて
出てください。

ケガが治るまでは、お風呂上がりに冷水をかけるのを忘れないように
しましょう。

また、古傷のケガをした場所があれば冷水をかけましょう。
冷水をかけると患部の血行が良くなるので、痛みが出にくくなります。

スポーツをしている人は、アイシングをご存知と思いますが、風呂上りの
冷水の効用を理解されている人は、ほとんどいません。

風呂上りの冷水は、身体のとてもイイですよ。
膝から下だけでも、1分かけたみて下さい。

冷え性が良くなったり、生理痛の痛みが半減したりします。
お布団な入ってもすぐ温もり良く寝れるようになります。

私の整骨院では、来られる患者さんに薦めてとても喜ばれています。

風邪を引かなくなった
ホカロンがいらなくなった
肌着が一枚減った
シモヤケが出来なくなった
生理前症候群を感じにくくなった
生理痛が減った
古傷が痛まなくなった

など、

「お風呂あがりのお水」心がけましょう。


« スポンサーリンク »
タグ / 痛み ケガ
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。