ホーム » 冷え » 血の流れを良くして、冷えを治してほてりを鎮める

血の流れを良くして、冷えを治してほてりを鎮める

東洋医学の考え方は「未病を治す」こと。


病気になってから治すのはヘタなやり方と考えられています。
飽食、運動不足の現代は、身体にとって受難の時代です。


栄養の摂りすぎは血液の汚れになり、運動不足はその汚れを体内に
停滞させてしまうのです。


「すべての病は血の汚れから」の言葉の通りです。
血行不良の予防は、すべての病を予防するい繋がります。


自分でできる血行不良の予防と促進

●食事はよく噛んで、食べ過ぎない。
なるべく無添加の食品を選び、良く噛んで食べましょう。
しかし、食べすぎには注意しましょう。

胃腸内の老廃物は血液を汚し、血管壁に付着するコレステロールは
血流を悪くします。

良く噛むことは過食を抑える効果もあります。


●冷房はなるべく使わない。
クーラーの効いた所から暑い戸外へ出ると、自律神経は極端な温度変化
についてゆけません。


また、適度に汗をかくことも身体にとって大切な体温調節であり、
不自然に汗をかかない状態も自律神経の機能低下につながります。


外気との温度差をなるべく小さくすることで身体への負担を減らしましょう。


●良く眠る、ストレスをためない。
ストレスは交感神経を刺激し、血管の収縮、筋肉の緊張、血流の低下を
まねきます。


自律神経の乱れも伴い、血行の調節機能が低下し、さらに血行不良を促進して
しまうことになります。


趣味や音楽などを聴いてストレスをうまく解消し、充分な睡眠で心身を
リラックスさせましょう。


●軽い運動が効果的。
筋肉は血液を心臓に押し戻す役割があり、身体を動かすことは血流を活発
にします。


筋肉自体の多さも同じ理由で影響し、男性に比べて筋肉の少ない女性に
冷え性が多い訳もうなずけます。


ウォーキングは全身の筋肉を活性化させ、足に集中するさまざまな神経や
毛細血管を刺激する効果の高い運動です。


●頭寒足熱で体熱のバランスをとる。
心臓から一番遠く、冷えやすい足。


足を温めることは、心臓へ血流を押し戻す一番の助けになります。
また、上半身は血流が集中しやすいため、ほてりやすく、これを鎮め、
血流のバランスをとることが血行をよくする秘訣です。


●身体に合った療法を利用する。
血行促進にはアッサージ、鍼、灸、整体、骨盤のゆがみの矯正など
さまざまな療法があります。


大切なのはどれが自分に合うのかを探すことです。
自分にとっての快適さ、気持ちよさを感じられる療法を探しましょう。


« スポンサーリンク »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。