ホーム » 冷え » 冷え性のタイプは4つ|自分のタイプを知って改善

冷え性のタイプは4つ|自分のタイプを知って改善

カラダの冷えは、女性の敵!!


放っておくと、むくみや肩コリ、便秘、肌あれなど、
さまざまなトラブルを引き起こします。


また、太りやすい体質にもなります。


冷え性は体質だからとあきらめないで!!
自分のタイプを知ると無理なく効果的に改善できます。


タイプ別 冷え性 CHECK

タイプ1.
□ 特に、手先足先が冷える
□ 秋口から春先までが特につらい
□ 爪割れ、さざくれ、しもやけができやすい
□ 足の指を動かすのが苦手


タイプ2.
□ 冷えは感じないが手足がほてる
□ 胃腸が痛むことがある
□ 原因不明のかゆみがある
□ 夜寝つきや、朝の目覚めが悪い


タイプ3.
□ 特に腰から足にかけて冷える
□ 手足が氷のように冷える
□ 上半身はほてっているのに、下半身は冷える
□ ひどい生理痛や生理不順がある


タイプ4.
□ お腹、お尻、ふくらはぎが一番冷える
□ むくみやすい
□ ダイエットしてもサイズダウンしない
□ お尻、太もも、腹部の皮膚にデコボコがある


どのタイプに、一番多くチェックが入りましたか、
一番多く入ったところが「あなたの冷え性のタイプ」です。


タイプ1=抹消血管収縮型冷え性

血管が収縮することによって、皮膚温度が低下するタイプ


タイプ2=かくれ冷え性

抹消血管が熱を放出しようとするために、表面の温度が上がってしまうタイプ


タイプ3=内臓温度低下冷え性

お腹の下の部分がうっ血するため、内臓が冷えてしまうタイプ


タイプ4=セルライト型冷え性

むくみが原因で形成されたセルライトが局所の血行不良をおこし、
悪循環を繰り返してしまうタイプ


★  タイプ別 冷え性 改善法  ★

タイプ1=抹消血管収縮型冷え性
手足の先が痛みを感じるほど冷えるのは、抹消血管にまで血液が行き渡って
いないためです。


手の指と足の指に刺激を与えて血行を促進することが大事です。
「手足の指ずもう」をしてください。


タイプ2=かくれ冷え性

手足がほてるので、「冷え」に気づかないのがこのタイプ。
改善するには、自律神経のバランスを整えることが大切です。


それには「爪もみ」です。


タイプ3=内臓温度低下冷え性

内臓の働きが弱まりお腹の温度が下がると、脳は血液を内臓に送ろうとします。
その結果、心臓から遠い下半身が冷えたり腰痛を引き起こしたりします。


内臓を温めるのには「腹式呼吸」が一番です。
仰向けに寝て、両手をお腹に置き、鼻からゆっくり息を吸いますが、
この時にお腹を膨らませることが大事です。


吐く時は、口から吐き、お腹をへこませます。
手のひらでお腹が上下するのを確かめながらしましょう。


それともう一つ「内臓リフレッシュ」でお腹を緩めることです。


タイプ4=セルライト型冷え性

セルライトとは、脂肪細胞のまわりに老廃物や水分などが絡みつき肥大化したもの。
それが血流を妨げるため、カラダが冷えてしまうのです。


セルライトは代謝が悪いと増加します。
骨盤を正しい位置に戻して代謝を上げ、老廃物を流し出してセルライトをなくしましょう。


自宅で出来る「骨盤矯正」


あなたはどのタイプでしたか。
最後に、冷えがある人もない人も、やって欲しいのが「風呂上がりのお水かけ」です。


私は、年中お水をかけています。
そのおかげで、ここ何年と言っていい程、風邪を引いたことがありません。


風呂から上がる時、足→腰→顔→右肩→左肩→首っといった順番でかけています。
私の妻は、私と結婚してから水かけを始めて、6ヶ月で冷えがなくなって
子供を授かりました。


産婦人科の先生によると、「不妊治療は、1年以上かかる」と言われてましたが。
みなさん、勇気を出して「お水かけ」やってみてください。

1週間から10日で、お風呂を上がってすぐに服を着なくても寒くないのが
分かります。


お布団に入ってもすぐに温もって、寝てしまいます。


« スポンサーリンク »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。