ホーム » 日記 » はり・きゅう治療を保険で受ける方法

はり・きゅう治療を保険で受ける方法

はり・きゅう治療を保険で受けるには、医師の同意があれば受けれます。


はり・きゅう治療を保険で受けれる疾患(病名)

慢性病で、医師による適当な治療手段がないと医師が診断したものは
健康保険で鍼灸治療を受けれます。


・保険で受けれる傷病名

 神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症

 その他、これらに類似する疾患や、慢性的な痛みのある疾患も健康保険で
 治療を受けれる場合があります。
疾患.jpg


保険で鍼灸治療を受ける手順

1.病院・医院

  かかりつけの病院で鍼灸治療の同意を医師から得てください。
  (同意書または診断書)


  *同意書が病院に備え付けられていない場合は、鍼灸院にご相談ください。
   かかりつけの病院がない場合も、鍼灸院にご相談ください。


2.鍼灸院

  医師の発行した同意書(診断書)と保険証、印鑑を持って鍼灸院へ。


3.同意書提出

  治療開始。


*注意事項

★同意書の有効期間は、初治療日から約3ヶ月です。
 それ以降も施術を受ける場合は、3ヶ月毎に再度、医師の同意が必要です。
 (再度の同意は口頭でも可)


★健康保険を使って鍼灸治療を受けている期間、その疾患については、
 病院にかかる事が出来ません。  (他の病気の治療は大丈夫です)


★健康保険以外にも、生活保護、労災、自賠責保険も取り扱いできます。


« スポンサーリンク »
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。