ホーム » 冷え » 花粉症などのアレルギー症対策

花粉症などのアレルギー症対策

花粉症は、スギ花粉やヒノキ花粉などの異物が、体内に入ったときに
起こるアレルギー反応です。


各種アレルギーの起きる要因のひとつに免疫力の低下があります。
健康な人の体温は平均36、5℃〜37℃がベストです。


しかし、現代は36℃を下回る低体温の方が増えてきています。

体温と身体の状態
体温と症状1.jpg

自分の体温が低いかを知る方法

・お腹に手を当ててどちらが温いか知る。

 お腹が温いと感じた人は大丈夫です。
 反対に手が温いと感じた人は体温が低いです。

・爪の色を見る。

 白っぽく明るさにかけている人は低体温です。
 ピンク色の人は大丈夫です。


アレルギー症になった時の対策

まずは免疫力を上げるために、しっかりと身体を温めて下さい。
体温が1度上がると、免疫力が30%上がります。


方法1.冷たい飲み物を控え、温かい飲み物を飲む。

方法2.サプリメントやショウガ紅茶などで温める。

方法3.ゆっくりお風呂に汗ばむまで入浴する。

方法4.鍼灸治療でお腹をほぐす。

方法5.内臓リフレッシュでお腹をほぐす。
施術お腹の.jpg

薬に頼るよりも体質改善を・・・

<薬を服用する場合>                <サプリメントを飲む場合>

a アレルギー対策の薬である抗アレルギー剤、    a冷え取り食材のNo1はショウガ。
 抗ヒスタミン剤の副作用には、眠気や倦怠感がある。 ショウガの中でも金時ショウガは普通のショウガに
 その他にも、喉が渇く、吐き気、トイレが近くなる  比べてあたため成分が数倍も豊富。
 こともある。

b他の病気がある方など薬を服用することが出来ない  b食品なので、病気の方も安心して飲めます。
 方もいます。                    *心配な方は医師にご相談下さい。
 
cアレルギーの薬は2、3ヶ月と長期服用しなければ  c薬ではないので、いつでも好きな時間に手軽に
 ならず、辛いときだけ飲むという飲み方ができない。 飲めます。小さいお子様も飲めます。

d副作用だけでなく、体がその薬に慣れてくると、   d飲み続けて、体が慣れてしまうことはありません。
 そのうちに効かなくなってくることも。       むしろ、続けることで体質改善につながります。


生活習慣や食事によって体質改善をすれば、
薬に頼らない花粉症対策ができます。

とにかく.jpg


« スポンサーリンク »
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。