ホーム » 冷え » 夏の冷え対策 その1 お腹を冷やさない

夏の冷え対策 その1 お腹を冷やさない

暑さが厳しくなるこれからの季節。
自宅や勤務先での過度の冷房はカラダの不調を招きます。


夏の冷え対策をしっかりして乗り切りましょう。


体温調節は自律神経の働きによって、血管が拡張してり
汗を放出したりして行われます。


強い冷房に慣れてしまうと、体温調節機能がうまく働かなくなります。
冷え性が悪化し、手足の冷えだけでなく、肩こり、だるさ、むくみなど
の原因になります。


暑いとつい冷やし過ぎてしまいがちです。
外気温と室温の差が5度以内なら自律神経も対応しやすいです。


なるべく冷房の温度は26度以上に設定しましょう。
できれば28度に。


扇風機を併用し、人に直接冷風が当たらないように空気の流れを
作ると涼しく感じます。


また、市販の冷却シートや水に濡らすと冷えるタオルなども
利用するといいでしょう。


寝る時は冷房を、つけっぱなしにせず、部屋をある程度冷やしてから
冷房を切るか30分から1時間のタイマーを設定しましょう。


寝ている間は体温調節機能が低くなり、冷えやすくなるからです。


寝間着は、薄手でも長袖、長ズボンのほうがいいでしょう。
お腹を冷やすと全身が冷えやすくなり、夏風邪にもつながるので、
暑くてもお腹の部分は布団をかけるようにしましょう。


暑さが我慢できない場合には、となりの部屋だけに冷房をつけて、
ドアを少し開けて冷気を入れるといいでしょう。


食事や入浴などに気をつけることも冷え対策になります。


« スポンサーリンク »
タグ / 冷え 対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。