ホーム » 冷え » 夏の冷え対策 その3 冷え予防の筋トレが有効

夏の冷え対策 その3 冷え予防の筋トレが有効

冷房や冷たい食事など身体を冷やすことが多い夏。
適度な運動などで筋力を作ることも冷え対策になります。


筋肉が落ちると身体が冷えやすくなります。
通勤時は階段を使ったり、人液歩いたりして下半身の筋肉を
維持することが必要です。


朝夕の涼しい時間に30分ほどウオーキングすることもお勧めです。


冷えやすい足や肩などを、簡単な運動で動かすことも有効です。
足の指を動かすと、ふくらはぎやももの筋肉を使うため、
下半身の血液循環がよくなります。


・足の指でタオルを引き寄せる。
タオルよせ.jpg

・両手を挙げて万歳をした状態で10秒止める。
僧帽筋が鍛えられて、肩や手先の冷えが予防できます。

職場の休憩時間や自宅でテレビなどを見ながらやって見てください。


食材には身体が冷えやすい物があるので、食事のバランスには
気をつけましょう。


寝る前は、コーヒーや緑茶はダメ!
紅茶、ココアなどで身体を温めましょう。


冷たい物を飲む時は、ネギやショウガなど身体を温める作用があるものや
温野菜などをできるだけ一緒に食べましょう。


夕食には、レタスやキュウリなど身体を冷やす野菜などは控えましょう。


夏の体調管理を十分しないと季節の変わり目に体調を崩す人が多いです。
冷えは年々悪化するので、日々の対策の積み重ねが大切です。


« スポンサーリンク »
タグ / 冷え 対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。