ホーム » 小顔矯正 » 表情筋チェック

表情筋チェック

年齢と共に目尻や顎のたるみが気になりますよね。
そこで、顔の筋肉がちゃんと動いているかチェックしてみましょう。


動きの悪いところ(筋肉)を知り、弱っている表情筋を鍛えると
たるみが改善されます。


表情筋  チャート    正常は 40点

このチャートは、臨床で専門家によく使われている顔面部位評価法(40点満点柳原法)で
38点以上は正常で8点以下を完全麻痺とします。


顔面神経麻痺の検査に使用する検査法ですが、表情筋チェックにも使えます。
左右の表情筋がちゃんと動くかチェックしてみてください。


1.安静時非対称

・左右対称                  4
・緊張はみられるが、左右差あり        2
・緊張なし、眉毛と口角が健側より下垂する   0


2.額のしわ寄せ

・左右対称                  4
・しわの左右差(数と深さ)          3
・しわがよる                 2
・眉毛が動く                 1
・不動                    0


3.軽い閉眼

・左右対称                  4
・まつ毛のわずかな左右差があるが、兎眼はない 3   兎眼=目が半開き状態のこと
・まぶたが動くが兎眼がある持続的な閉眼    2
・まぶたがかすかに動く一瞬閉眼するが持続しない1
・まぶた不動                 0


4.強い閉眼

・左右対称                  4
・軽度の閉眼時より閉じるが左右差あり     2
・軽度閉眼時と不変              0


5.片目つぶり

・左右対称                  4
・できるが兎眼あり              2
・不可                    0


6・鼻翼を動かす

・左右対称                  4
・少し動く                  2
・不動                    0


7.頬をふくらます

・左右対称・息がもれない           4
・わずかな左右差・息が少しもれる       3
・頬の膨隆はあるが、息がもれる        2
・頬の膨隆なく、息もれのみ          0


8.イーと歯を見せる

・左右対称                  4
・わずかな左右差               3
・口角が麻痺側に動く             2
・口角が固定しちるが、緊張は見られる     1
・麻痺側の口角が健側に優位する        0


9.口笛

・左右対称                  4
・口角、口唇が動く              2
・上下の口唇が開大してしまう口角は不動    0


10.口をへの字に曲げる

・左右対称                  4
・口角の下制がみられ、広頚筋の緊張あり    2
・口角不動で広頚筋の緊張がみられない     0 


1〜10の動作で何番の動作がしにくかったですか?
しにくかった動作の筋肉が弱っているので、その動作を日頃から心がけて
動かすようにすると<たるみ>の改善になります。


« スポンサーリンク »
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。