ホーム » おなか » お腹の調子が悪く疲れが抜けない|おなかのマッサージが効果的

お腹の調子が悪く疲れが抜けない|おなかのマッサージが効果的

以前は、病院に行けばお腹を触って診察をしてもらえましたが、
最近はお腹を触ってくれる先生がほとんどと言っていいほどいません。


お腹はもともと人間の弱点の一つであり、健康のバロメーターでもあります。
お腹を触れば、ある程度その人の状態がわかります。


硬いところや冷たいところ、腫れているところ、へこんでいるところ
といったいろんな反応があります。


それによって、どの臓器が動きが悪いのか弱っているのかを診ることが出来ます。


お腹には、たくさんの重要なツボがあります。
マッサージや鍼灸などで、お腹をほぐすと、内臓の働きが良くなり
体調が良くなります。
腹部.jpg腹部のツボ.jpg

腹部の反射区.jpg

◆  効果

食欲不振、胃腸障害、逆流性食道炎、便秘、胸やけ、生理痛・不順、更年期障害、
不眠、鬱(うつ)、イライラ、冷え性、だるさ、むくみ、首・肩こり、つわり
疲れ、体調不良、


◆ おなかのマッサージの仕方


・指の腹で軽く押す。

・出来れば、誰かに押してもらってください。

・食後一時間以上たってからすること


注 : 絶対に強く押さない!!   
    かえって体の調子が悪くなったりするので。

おなか1.jpg
1.腹部全体をなでる。
右の下腹部から時計回りに  3〜5回

おなか3.jpg
2.左右の肋骨の際を「ハ」の字に軽くなでる。 5回
  

おなか2.jpg
3.ミゾオチから恥骨まで4指の腹でなでる。 3回


おなか5.jpg
4.大腸の走行に沿ってなでる。  3回


おなか7.jpg
5.へそとミゾオチの真ん中を軽く押さえる。 10秒を3回


おなか9.jpg
6.へそと恥骨の真ん中を軽く押さえる。  10秒を3回


おなか10.jpg
7.へその横、指4本分のところ 右5回、左5回 軽く押す。


おなか11.jpg
8.7のその下、指4本分のところ 右5回、左5回 軽く押す。


毎日する必要はありません。
週に1回程度してください。


全部をするとより効果がありますが、全部を必要もありません。
最低限1〜4はしてください。

うまくすると、お腹が緩むとゴロゴロと音が鳴りますよ。


« スポンサーリンク »
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。