ホーム » 冷え » カラダ冷えていませんか?お腹ほぐしてインフルエンザ予防

カラダ冷えていませんか?お腹ほぐしてインフルエンザ予防

平熱が35度台という”低体温”の人が増えています。


手足が冷えて冬場はしのぎづらいだけでなく、
わずか1度の違いが健康状態を大きく左右します。


体温が1度下がると、免疫力は30%も低くなります。
反対に体温が1度上がると免疫力は6倍近くも高くなります。


体温が上がると血流が良くなります。
血中には免疫機能を持つ白血球があり、それらがカラダを巡ることで
体内の異物を発見し、素早く駆除します。


体温が低いと細胞の動きは鈍りますが、がん細胞だけは35度台の時に
最も活発に増殖します。


下の図を見れば分かります。
体温と症状1.jpg


身体のことを考えると体温が37度の時が最も理想です。


病気になりにくいカラダを手に入れる最もシンプルな方法は、
<体温を上げる>ことです。



そのためには、筋肉をつけることと、湯船につかって1日一回でも
体温を上げる工夫が必要です。


ウオーキングや乾布摩擦などをして寒さに強いカラダ作りをしましょう。


また、内臓が固くなってお腹が冷えている人も多くいます。
お腹に手を当てて見てください。


手が温いと感じた人は、お腹が冷えています。
そんな方には、<内臓リフレッシュ>でお腹をほぐして体温を上げましょう。


« スポンサーリンク »
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。