ホーム » 健康 » 熱中症対策

熱中症対策

本格的な夏を迎える前に、熱中症に備えましょう。
暑さに強い身体を作るために「インターバル速歩」が
オススメです。


● インターバル速歩

早歩きと遅歩きを3分間ごとに交互に繰り返し歩くことです。
できれば30分間続けて歩きます。


運動が終わって30分以内に、タンパク質と糖分を含んだ食品を
摂るようにするのがポイントです。


タンパク質や糖分が血液の量を増やして、体温を整える働きが
よくなります。


週に4日以上、一ヶ月ほど続ければ、熱中症になりにくい体質に
なるそうです。


体質改善には、ある程度の期間が必要なので、夏に向けて今すぐ
にでも始めることです。


湿度が高い日は、体温が下がりにくく熱中症になりやすいため、
梅雨の晴れ間には気をつけて、喉が渇いたと感じる前に、
こまめに水分補給を心がけましょう。


◆ インターバル速歩の仕方

・背筋を伸ばして姿勢よく

・腕を直角に曲げて、大きく振る

・できるだけ大股で歩く

・かかとから着地する

・25メートル先を見ながら歩く

はやおそ.jpg


« スポンサーリンク »
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。