ホーム » 美容整体

ヒップが垂れるダメな習慣

キュッと上がった丸いヒップは、女性らしい魅力的なラインですよね。


実は、ヒップは加齢とともに3段階のステップをひとつずつ進み、
一度垂れてしまうと前のステップには戻らないそう。


株式会社ワコールによると、
29代の54%が弛みがない「ステップ0」の美しいお尻だけど、
30代ではステップ0は27%だけで、50%がステップ1でヒップ下部が
たわんだ状態になってしまっているのだとか。


ヒップが垂れる原因は日常生活の「姿勢」や「ハイヒール」「お尻の肉を揺らす」
などのちょっとしたダメな習慣なので、少し見直すだけでヒップラインはキープできそうです。


■ヒップが垂れるダメな習慣4つ

(1)背もたれに寄りかかる

欧米人に比べて元々日本人の骨盤は後傾しています。
浅く座って深く背もたれに寄りかかると骨盤が更に後傾し、
お尻の筋肉も更に垂れてしまいます。


(2)脚を組む、あぐらをかく

股関節が広がって骨盤が歪み、お尻のお肉のつき方が悪くなるため、
ヒップが巨大化してしまいます。


(3)高いハイヒール

歩く時に太もも全面の筋肉に負荷がかかり、お尻の筋肉を使わないため垂れる原因に。


(4)ヒップを揺らす

バスト同様、お尻のお肉も揺らすと垂れてしまいます。


■ヒップラインをキープするポイント

歪んだ姿勢は骨盤の歪みに繋がり、姿勢が悪いとお尻だけでなく
脂肪が変なところについてしまいます。


背筋を伸ばして歩くほか、座り方にも気をつけましょう。
また、高いヒールを履くなど、膝を曲げたまま歩いていると
太ももの全面しか使われず、お尻の筋肉が弛む原因に。


歩く時は膝裏を伸ばすように心がけると、お尻の筋肉が
使われているのを実感できますよ。


バストも揺らすと垂れますが、お尻も同様です。
運動をする、脂肪がよくついている人はガードルで固定することで
垂れるのを防ぎ、服を着た時もラインが綺麗に見えてお薦めです。


ヒップラインが下がると、脚も短く見えてしまい残念なことだらけです。
気を抜きがちな後ろ姿も生活習慣を見直して、キレイをキープしていきましょう。



« スポンサーリンク »
タグ /

膝・腰の痛みがなかなか和らがない|肋骨矯正が効果的

何ヶ月も通っているのに

・腰が楽にならない
・膝の痛みが和らがない
・首の痛みがあって回らない

で悩んでいませんか?


ひょっとしたら、肋骨が歪んでいるかもしれません。


肋骨が歪んでいる???? (’◇’)
意味が分からないですよねぇ。


骨盤や腰の骨、首の骨が歪んでいると聞いたことはあっても
肋骨が歪んでいるってあまり聞きませんよね。

肋骨3.jpg

いろんな施術の中であまり意識しない場所ですし、ほとんどの治療家の先生も
重要だと考えないところです。


身体のバランスをとるのに重要なのは「骨盤」と考える先生がほとんどです。
確かに骨盤も大事ですが、本当に大事なのは<肋骨>です。


背骨を見ると、骨盤の上に背骨が乗っています。
骨盤は、寛骨、腸骨、仙骨の3つから出来ていて、安定感があるように見えます。
骨盤の図.png


背骨だけを見てみると、仙骨の上に背骨が乗かかっているのです。
この背骨一本でバランスを取ろうとするとどうなるか、分かりますか?


思い出してみてください。
小学生のころ、掃除の時にホウキを指の乗せてバランスを取って遊んだことありませんか?


うまくバランスが取れている時は揺れませんが、そうでない時は揺れますよね。
そのホウキを背骨に置き換えたら・・・・


背骨には、肋骨が付いていて、その上に頭が乗っています。
仙骨 ⇒ 背骨 ⇒ 頭 の一本であれば、バランスを取りやすいのですが、
肋骨が真っ直ぐ付いていれば関係ないのですが、歪んでいると、とてもバランスが
取りにくくなるのが分かりませんか?


一度、傘をたたんだ状態と、傘を開いた状態でバランスを取ってみてください。


傘を開いた状態のほうが難しいですよね。
分かりますよね、傘を開いた状態が背骨に肋骨が付いた状態と一緒なのが・・・
肋骨6.jpg

ですから、いろんなことをしてもなかなか症状が良くならないのは、
肋骨が歪んでいるためなのです。


歪んだ肋骨を矯正して正しい位置に戻すと、身体全体のバランスが整うので
いろんな症状が改善されます。

肋骨1.jpg


★ 肋骨を矯正すると

・身体全体が軽くなる
・身体が捻りやすくなる
・曲げ伸ばしが楽になる
・腰が楽になる
・膝の痛みが和らぐ
・首が周りやすくなる
・肩こりが軽くなる
・スタイルが良くなる
・バストアップする
・ヒップアップする
・ウエストがくびれる

« スポンサーリンク »

肩が凝って首が痛い|くび猫背が原因かも?

「くび猫背」って、聞きなれない言葉ですねぇ。


スマホやタブレットを見ることが多くなって、下を向く姿勢が
多くなってきて起きる姿勢です。

くび猫背.jpg


図のように、首を曲げている姿勢を長く続けると、
頭の付け根から首の後ろの筋肉が固くなってしまいます。


その状態が長く続くと身体にいろんな症状が現れます。
肩こりや頭痛、目がショボショボする、めまい、顔のタルミなどの症状が出てきます。


ひどくなると、手足に痛みが現れたりシビレたり、不眠症やウツに
なったりする場合もあります。


◆ くび猫背を治す方法

1.長い時間、スマホ、タブレットを見ない。

2.30分に1回は、アゴを引くこと
  アゴを引いて10秒止める。 
首猫背.jpg


3.首を鍛える。
首を鍛える.jpg

4.首を揉みほぐす。
  決して、強く揉まない、気持ちいい程度にする。
首押し.jpg

« スポンサーリンク »

O脚の治し方|簡単な筋トレで解消

なぜ、O脚になるのか?


答えは、筋力の低下と姿勢の悪さです。


筋力が低下すると、身体を支えることができなくなります。
その中でも、カラダに中心部分にあたる骨盤や股関節周りの筋肉が弱ると
骨盤や股関節が緩み開きやすくなります。

o.jpg

特に、内転筋の筋肉に力がなくなると、よりO脚になりやすいです。


筋肉が弱った状態で姿勢までが悪いと、骨盤が歪みもっとO脚になりやすく
なってしまいます。

骨盤のゆがみ.jpg


では、どうすれば良いのか。
それは、意識して筋トレをすることです。


◆お尻上げ

・上を向いて膝を軽く曲げて寝ます。
・足と膝を離さないようにして、お尻をあげます。
・その状態で5〜10秒止めます。
・3回1セットを日に2回

上げお尻.png

*注意 膝が離れると効果が少なくなります。


◆タオル挟み

・バスタオルなどを丸く丸めて、股に挟み
・部屋を前向きと後ろ向きで歩きます。
・部屋の一往復を3回1セット 日に2回

タオルを挟んで歩く.png


◆タオルの代わりに2リットルのペットボトルに水を入れて
 内股に挟んで1分間、立ってください。 

・1分間以上はしないこと、するときは時間を置いてする。


筋トレをしっかりとしていると、下半身が強化されて
腰と股関節がしっかりしてきます。


そうなると、Oになっていた脚が真っすぐになってきて
下の図のようになります。
O脚1.jpg ⇒  2O脚.jpg


個人差はありますが、早い人では2週間もすれば、キレイな足になっていますよ。


筋トレみたいなしんどいことはイヤっと言う人は、「美容整体」を
どうぞ試してみてください。

« スポンサーリンク »

姿勢が悪く下腹がぽっこりでる|仙骨が寝ているため

人間の身体の中心に位置する骨、それが<仙骨>です。


背骨は正しい姿勢を維持したり、直立歩行で歩くという時に非常に
重要な働きをしています。


しかし仙骨は、もう一歩進んだ、人間の身体を若く保ち、
美しく歩くために必要な骨なのです。

背骨の図.png


上図のように、身体の中心にある骨で、仙骨の上に背骨(腰椎、胸椎頚椎)
が乗っています。


また、上からの力と下からの力が集中するところで、とても重要な
役割を果たしているのが<仙骨>なのです。

力の伝わり方.jpg


「背筋を伸ばしなさい」、と一度は言われたことがあると思います。
背筋を伸ばすことは、確かに大事なことです。


しかし、背骨の下で身体を土台のように支えている仙骨を正しく
立っていないと、結局は正しい姿勢を維持できなくなります。


背筋が先か?仙骨が先か?
その答えは<仙骨>です。


仙骨が正しい位置に立てることによって、自然と背筋も伸び、
正しい姿勢と美しい歩行ができます。


そして、痩せやすい体質になります。


仙骨が寝てしまうと、背筋が曲がります。
そうすると姿勢も悪くなり、歩く姿も美しくありません。


さらに歪んだ骨の周りに無駄な肉もつきやすくなります。
そして姿勢の悪さから、背骨の横を通っている自律神経も圧迫され、
体調を崩しやすくなり、血流も滞り、リンパのめぐりにも影響が
出てきます。


そうした身体の悪循環は、仙骨を立てることで解消します。
姿勢も良くなり、歩く姿も若々しくなります。


仙骨は身体を良い方向に導いてくれます。


◆仙骨立ての方法

1.左右のカカトを付けて、つま先を60度ぐらい開き中腰に
  膝に手を置いて、内側から外側に開くように回す。

仙骨1.jpg


2.膝が開いた姿勢のままで、カカトの上にお尻がくるように
  上半身を起こす。

  この姿勢を5秒キープする

仙骨2.jpg


3.上半身を起こした姿勢から、お尻を締めながら膝を伸ばす。
  その姿勢を30秒キープする。

この動作を3〜5回繰り返す。


仙骨立てのポイント
膝を開いた状態から上半身をお越した時に、お尻とカカトと
背中が一直線上に乗っていることです。

« スポンサーリンク »

ダイエットを失敗しない方法|痩せるためのテクニック

体重が多いと「肥満」と思っていませんか?


ところが身長、体重が同じでもカラダを鍛えている人と、
鍛えていない人では違います。


カラダを鍛えている人は、筋肉や骨が発達しているので、
いがいと脂肪はついていません。


では、「肥満」とは何でしょうか?
医学的には、カラダに占める脂肪の重量、またはその割合(体内脂肪率)が
問題とされています。


体内脂肪率
男性では、25%
女性では、30%
を超えると肥満であるとされています。


ですから、体重の重い人が必ずしも肥満ではなく、逆に一見スマートに見えても
脂肪だらけの人もいます。


◆なぜ太るのか?


人間の身体は、大変効率よくできています。
人は、食事をする事で体内に栄養分を取り込み、活動したり身体を維持するのに
必要なエネルギーを得ています。


ところが、必要なエネルギーよりも、食事によって取り込んだエネルギーが
多すぎりと、栄養分を中性脂肪に変え、脂肪として貯えてしまうのです。


この脂肪は、万一の飢餓に備えて、いつでも必要なときにエネルギー補給を
できるエネルギー貯蔵庫なのです。


現代の生活のように慢性的な運動不足と過食状態が続くと、脂肪は貯えられる
一方となり肥満を引き起こします。


◆肥満を解消するには


世の中、次から次からと新しいダイエット法が生まれてきますね。
「3日で3kgやせた」「1週間で5kgダイエット」「○○式ダイエット」・・・


でもちょうっと待ってください。
痩せるということは、どういうことでしょうか?


体重がへる=やせる、ならばこれでもいいでしょう。
でも、脂肪が減らないで体重が減ってしまうと、体内脂肪率は逆に増えて
しまいますよね??


どうなっているのでしょうか?
実は、体重を減らすのは簡単なことなのです。


普通の人の、体重の約60%は水分です。
体重60kgの人でも36kgが水分なのですから、汗をかいたり食事や
水分の補給を制限することで、簡単に2〜3kgの減量ができるのです。


これでは普通の生活に戻ったとたん、もとのもくあみです。
脂肪を減らさないかぎり、ダイエットは成功しません。


これまでダイエットといえば、「どうすれば、やせれるか」という点だけが
クローズアップされ、「何故太ったか」についてはかえりみられていません。


毎日の生活習慣の積み重ねで太ってきたわけですから、その中に問題がある
のではないかと考えるべきではないでしょうか?


例えば、
「早食い」=食べ過ぎのもと
「ながら食い」=いつに間にか過食になります
「まとめ食い」=過剰なエネルギーを脂肪にして蓄えます
「夜食症候群」=夜、寝る前にドカ食いする    ←最悪です!


思い当たることはありませんか?


◆やせるテクニック

「カロリーが高い」ことと、「栄養がある」ということを混同して
いる人が多くいます。


カロリーは、人が活動するためのエネルギーのこと
栄養は、身体を作り健康を維持するためのもの


五大栄養素といわれる糖質、脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラルの
どれも、身体には欠かせません。


これらをバランスよく摂ることが、結局、痩せるためのテクニックです。
偏食を避け、いろんなモノを少量ずつ食べるようにしましょう。


痩せるための10条
1.朝、昼はきちんと食べて、夕食は午後7時までに軽く食べる

2.よく噛んで、ゆっくり食べる   一口30回噛む

3.野菜(サラダ)を先に食べる   サラダボール一杯

4.料理は薄味に

5.間食はしない

6.規則正しい生活をする

7.毎日、毎食後に体重を量り、食材をメモする (太る食材を捜すため

8、腹八分目、出来れば7分目にする

9.簡単な運動でもする

10.週に1回は普通に食べてもいいが、その前後の日は、食べる量を減らす

« スポンサーリンク »

胸を大きくする方法|手足のツボ刺激が効果的

「胸を大きくしたい」

豊満で形の良いバストに憧れるのは、女性なら誰もが思うこと。
でも、手術までして大きくするのは・・・・・
と考えている人に朗報です。


手足の豊乳ツボを刺激すれば、豊かなバストにすることができます。
信じるも信じないもあなた次第ですが・・・・


でも、試してみる価値はありますよ。


★ 手足の豊乳ツボ(反射区) ★

<曲沢(きょくたく)>

肘を曲げた時に出来る横ジワ中央で、腱の内側のところ


<肱中(こうちゅう)>

肘を曲げた時に、肘の内側に出来る横ジワの中央から、上に指5本分のところ
力コブの頂点にあたるところ

<胸部(乳房)>

足の甲、第3指と第4指の間のくぼみ

豊乳.jpg

胸部.jpg

ツボ(反射区)の位置は、分かりましたか。


では、刺激の仕方を教えます。

1.指の腹で、強めに押す。
  

2.左右のツボ(反射区)を刺激する


最初、痛みが強いと思いますが、痛いといって力を弱めないこと!
力を抜いてしまうと効果がありません。



人によっては、どのツボが反応するか分かりません。
「曲沢」だけで反応する人
「肱中」だけで反応する人
「胸部」だけで反応する人
「肱中」と「胸部」で反応する人
などさまざまです。


うまく反応すると、刺激したあとに直ぐに胸のふくらみを感じる人もいます。
また、生理前に胸が張りやすい人、おりものが透明の人など、女性ホルモンの
分泌の盛んな人ほど、反応しやすいです。


●左右の胸の大きさが違う人、片側だけを大きくしたい人の刺激の仕方

右胸を大きくしたい人は、左側の手足を刺激する
左胸を大きくしたい人は、右側の手足を刺激する


いずれにしても、ツボ(反射区)刺激とは、繰り返し行うことで効果が
出てきて持続するものです。


手足の豊乳ツボの刺激も同じです。
根気よく刺激し続けることが大切です。

« スポンサーリンク »

たるんだバストをアップしたい|大胸筋エクササイズが効果的

年齢とともにハリを失い、たれてくるバスト。
「年だからしかたないわ」と諦めている女性も多いのではないでしょうか。


しかし、決して諦めることはありませんよ。
バストを支えている筋肉を鍛えれば、バストのハリはよみがえり、
バストアップも可能です。


乳房は筋肉ではありません。
従って乳房そのものを鍛えたり、大きくすることはできません。


ところが、その乳房を持ち上げている大胸筋は、鍛えることができます。
大胸筋は、乳房の上にある筋肉です。

大胸筋.png

この筋肉が衰えると、乳房が垂れ下がってきます。
そこで、大胸筋を鍛えるエクササイズが必要になってきます。


筋肉を鍛えると筋肉ムキムキの体を想像するかもしれませんが、
そんなことはありません。


筋肉は脂肪を燃焼してエネルギーに変えて、基礎代謝を高めてくれます。
基礎代謝が高いと、脂肪が燃えやすく太りにくい身体になります。


★ バストを上げるエクササイズ ★

<用意するもの>  タオル


1.肘を軽く曲げ、胸の前でタオルを10センチ空けて両手で握る。
  

2.息をゆっくり吐きながら、
  右手を左に、左手を右に、交差させるように力を入れて引っ張ります。

  このエクササイズをしている時、意識を胸に集中させてください。


3.息を吐ききるまで引っ張ったら、力をゆるめ、息を吸いながら両手を
  元の位置に戻します。

このエクササイズを5回、慣れてきたら10回繰り返します。
バストアップ.png

できれば朝と夜、1日に2回はしましょう。
大事なのは続けることです。


バストアップには、大胸筋だけでなくバストの下の腹筋や背筋も大事です。
このエクササイズをするときは、姿勢にも気をつけましょう。


しっかり背筋を伸ばしてすれば、ウエストのサイズにも効果があるかも!?


一昔前は、はたきかけ、ふき掃除、選択星などを女性はしていました。
どれも大胸筋や腹筋、腕などを鍛える運動でした。


ところが現代の私たちは、そういう家事をあまりしなくなりました。
本来動かさなくてはいけないところを動かしておらず、筋肉も硬くなり、
関節の可動域もせばめています。


ですから意識的に、普段使わなくなった筋肉をトレーニングしなければなりません。


このエクササイズを続けると、バストの位置が高くなり、姿勢も良くなり、
スタイルアップが出来ますよ。

« スポンサーリンク »

肩甲骨を動かして、美しい背中になって若返りましょう。

体幹を鍛えて美しい背中に


自分では見えない背中、肩甲骨が垂れて背中が丸まっていると、
実年齢よりも老けて見えます。



これから、だんだん薄着になっていくこの時期、後ろ姿にも
自信が持てるようになりたくありませんか?


背中を美しく見せるには、背中から腰までの「体幹」の筋肉を
鍛えることが大切です。


意識したいのは、肩甲骨の周りの筋肉や背骨を支える筋肉など。
これらの筋肉を動かして鍛えるエクササイズを紹介します。


  ◆ 背中を美しく見せるエクササイズ◆ 

●肩甲骨周りと背中の左右の筋肉を動かす。

・四つん這いになり、左手を後頭部に置き、身体を右にねじりながら
 左ひじを右の脇に入れる。5秒キープ

・左ひじを戻して、背中を反らせて胸を開き、顔を左に向く。
 5秒キープ

●背骨を支える筋肉と脇腹の筋肉を動かす。

・イスを支えにして立ち、左足を浮かせた状態で、左手を前に伸ばす。

・その状態から、上半身を倒していき、手と脚を伸ばして地面と水平に
 なるように。  10秒キープ

1日1回 左右5回


このエクササイズを続ければストレッチ効果もあるので、柔軟に動けて
美しい姿勢を保てる効果もあります。

これから暑くなって、薄着になって肌を露出することが多くなります。
「美しい背中」を目指しませんか?

« スポンサーリンク »

バスト・ヒップが垂れてきた|美容整体でクビレボディの−5歳の身体に!

美容整体とは?

整体とか、カイロプラクティックとか聞くと「痛い」イメージを
持っている方が多いようです。


美容整体は、痛くありません!
カラダに無理をかけず、ソフトな矯正をします。


施術を受けてみると分かりますが、
「エーッ、こんなんで矯正できるの?」と思いますヨ。


肩関節をゆっくりほぐしいき、胸郭(胸のまわり)をほぐし
骨盤、股関節、お腹とほぐしていきます。


胸郭がほぐれると、呼吸が楽になります。
そうすると、1回の呼吸量が約5%増えます。


この1回の呼吸量が増えるだけで代謝が驚くほど高くなり、
お腹もほぐしているので副産物としてダイエットができます。


◆この美容整体を受けると、何もしていないのに

肩コリ、腰痛が気にならなくなった
体重が減った
バストが上がった
ヒップアップした
ウエスがくびれて細くなった
便秘が亡くなった
脚のむくみがとれ足がスッキリした
血圧が安定してきた
自律神経が整い良く眠れるようになった

といった声をよく聞きます。


この美容整体の特徴として、
確実に5歳以上若返り、ボディーラインが変わります!!


●受け方

初回を受けて、次までに日にちを空けないでください!

美容整体でカラダを正しい位置に戻しているのですが、
脳が、それまでのカラダの事を記憶しているので、
異常と反応して戻そうとしてしまいます。


ですので、以前のカラダに戻る前に、次の施術を受けてください。
出来るだけ、2回目を3〜5日以内に受けることをお薦めします。


そうして、3回目、4回目は1週間以内に
5回目からは、2週間空けても大丈夫になります。


● 理想的な受け方

初回
2回目    3〜5日以内
3,4回目  1週間後
5回目    2週間後


となります。             30分   2500円


もちろん、個人差はありますよ。
続けて施術を受けて効果のなかった人はいません!                          

« スポンサーリンク »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。