ホーム » 健康
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

夏バテを軽くする方法

皆さま今年の夏は、如何お過ごしでしたでしょうか?


夏バテに悩んでいませんか?


俳句の季語にも「夏バテ」に関する
単語があることをご存知ですか?


夏と言うとさっぱり食べられるナスなんかもよいですが、
答えは少し意外なものです。


実は、夏バテの季語というのは

『甘酒』なんです。


夏バテに効く食べ物と言うと土用の丑の日の『ウナギ』の
イメージがあると思いますが・・・


昔は『甘酒』が、夏バテの薬だったんですね。


甘酒は毎年お正月になると神社などで配っていることから
「冬」のイメージを持っていたのですが、


俳句の世界では「夏」なんですね。


丁度、夏が終わって秋に入るこの夏バテの時期の季語に
入ってくるんです。


そもそも、何で甘酒が夏バテの薬として
扱われていたのかというと、


その理由は
「お米」であることと
「お酒」であることの
2つにあります。


お酒はお米を溶かしてできたものですよね。
で、お米がお酒になって全身に回っていきます。


お酒になることで血流量があがり、60兆個ある細胞の隅々まで栄養が
送り届けられるのです。


つまりこれは、
現代の『点滴』と同じ役割を果たしているということなんです。


アルコールは胃から吸収できるので体の中に入ってくれれば
これをお米の糖質と一緒に全身に巡らせることが出来るわけです。


そうすると、
今で言うブドウ糖を点滴したのと同じ役割を甘酒がやってくれる
ことになります。


昔の人って、すごく賢いですよね。

暑さのあまり食べやすいものを食べてしまい、硬いものを
口に入れるのが嫌になってくるから噛むのもめんどくさいですし、
噛むと今度は疲れてしまう。


夏バテもひどい奴になると食べ疲れしてしまうんです。


しかし、
そんな状況になっても飲み込むことは出来るんです。


少しずつでもね。
だから食べられなくなった人でも甘酒だったら飲むことが出来る。


そうやって甘酒を飲むことで夏の疲れから回復するっていうのを
昔はやっていたみたいですね。


そして、甘酒を飲むときのポイントなのですが、
甘酒にも暖かいのと冷たいのがありますね。


飲むときは、なるべく常温が良いと思います。
ここは伝統医学の勉強をしているとすごく難しいところで、
僕らの冷たいってイメージは冷蔵庫の中のものですよね。


でも、
昔の冷たいという感覚に冷蔵庫はありません。


体温よりも低くなったものを冷たい
っていうくらいだったんです。


それに常温と言っても夏の常温と冬場の常温は
もちろん違います。


夏場の常温だったら口の中に入れても
結構暖かいですよね。


それ以上熱いと今度はのぼせてしまうので、
やっぱり常温くらいで飲むので良いでしょう。


で、
昔僕がすごくびっくりした話があるんです。


あれはまだ僕が20代の頃、往診先のおばあちゃんと
お話をしていたときに聞いたのですが


昔の大阪の夏の気温って28度とか29度くらいで、
暑い日でも32度くらいだったんですね。


でも今はひどいと40度近くになりますよね。


そのせいもあってか昔の夏バテと今の夏バテは
だいぶ変わってきてしまいました。


だから今の夏バテって言っても
常温で甘酒のんだら40度近いわけですよ。


これはもう十分熱いですよね。
体温より熱いですよね。


だからその辺は少し考えないといけないのかもしれませんね。
甘酒を昔作って飲んでいた方もいらっしゃるかもしれません。


甘酒っていうのは
スーパーとかで酒粕を駆ってきてお湯で薄めながら
お砂糖を入れて調整するような感じで作れます。


結局は、
この酒粕が良いんです。


お米の成分が入っていますし。
それを全身の末端まで送り届けられる利点がすごいですよね。


末端まで送り届けられるのはお酒が入っているからです。
お酒のパワーで血流量が上がるんですね。


もちろん夏バテだけじゃなくて病み上がりや滋養強壮にも
効果テキメンだと思います。



« スポンサーリンク »
タグ / 夏バテ

熱中症対策

本格的な夏を迎える前に、熱中症に備えましょう。
暑さに強い身体を作るために「インターバル速歩」が
オススメです。


● インターバル速歩

早歩きと遅歩きを3分間ごとに交互に繰り返し歩くことです。
できれば30分間続けて歩きます。


運動が終わって30分以内に、タンパク質と糖分を含んだ食品を
摂るようにするのがポイントです。


タンパク質や糖分が血液の量を増やして、体温を整える働きが
よくなります。


週に4日以上、一ヶ月ほど続ければ、熱中症になりにくい体質に
なるそうです。


体質改善には、ある程度の期間が必要なので、夏に向けて今すぐ
にでも始めることです。


湿度が高い日は、体温が下がりにくく熱中症になりやすいため、
梅雨の晴れ間には気をつけて、喉が渇いたと感じる前に、
こまめに水分補給を心がけましょう。


◆ インターバル速歩の仕方

・背筋を伸ばして姿勢よく

・腕を直角に曲げて、大きく振る

・できるだけ大股で歩く

・かかとから着地する

・25メートル先を見ながら歩く

はやおそ.jpg

« スポンサーリンク »

健康の基本的な考え方

現代はモノに恵まれ、中流家庭の意識が高い生活の中で、
特に「健康」についての願望が強いようです。


健康ということは従来「病気でない」とか「単に長生きする」と
いうような捉え方をしてきました。


カラダの状態が良好であるというように考えられていますが、

世界保健機構(WHO)は
「健康とは、単に病気や虚弱が存在しないばかりでなく、
身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態をいう」との
定義をつけました。


そこで生活の充実感、幸福感、豊かな人生とさらに多様に変わって行く
社会に対して適応性や生活のバランス、積極的な生活能力などが
「健康」という言葉の説明になっています。


病気や死から遠ざかろうとするための努力だけでなく、
生活の向上に積極的に努力することも含まれています。


厚生労働省から毎年発表されている「出生者の将来死因に関する統計」
の推移を見るだけでも恐るべき傾向が示されています。


10年前には約30%だった心臓病や血管系による死亡が約40%にもなり、
増加の傾向を示しています。


最近の傾向では、生活習慣病が高齢者から壮年者にまで多く
現れてています。


いずれにしても、筋肉の衰えや贅肉が目立つようになると生活習慣病の
誘因になりやすく、肉体労働に代わる筋肉トレーニングを生活の中に
定着させる必要性が強くなってきます。


一般的に「カラダの器官は使えば使うほど、その機能は高まりますが、
使わないでいるとその働きは鈍ってしまう」という原則があります。


次に「病は気から」と昔から言われていますが、病気になったら
患者自身が治そうという強い信念を持つことが第一の必修条件であって、
医師や柔道整復師、鍼灸師は、それに協力するためにあるのだと話された
医師がいます。


心の持ち方や生きる態度ということから健康的であることが重要です。


次の事柄について、あなた自身はどうですか?

1.生きがいを持っている

2.精神的に安定している

3.自分の感情や意志をハッキリ他人の前で言える

4.小さな事柄に対してクヨクヨしない

5.前向きの人生

6.不平不満があっても適切に処理している

7.ストレスをかかえない

8.不足の暮らしの中でも自分の安定を保つ事ができる

9.他人とのかかわり合いを円満にできる

10.病気に対して積極的に処理している

11.経済状態を自分なりに安定を保つ事ができる

12.仕事と休養のバランスを上手にとっている

13.食事に対して不満を持たず、満足している


基礎体力の自己判定

a.強い筋力を発揮できる

b.瞬発力を持っている

c.心臓や呼吸昨日は健全である

d.スピーディーは活動ができる

e.柔軟な筋肉や関節をしている

f.運動機能の調整力を持っている

g.階段を駆け上がったり、下がったりできる

h.深い呼吸ができる

i.片足でしばらく立っていられる

o.平衡感覚がある

p.栄養のバランスを考えた食生活をしている


以上のチェックをして全部が良好とはいかないと思いますが、
常に頭に意識して生活の基礎を固めましょう。


少し意識して生活するだけで、数年後のその差は・・・・

« スポンサーリンク »

暑い季節を簡単な運動で乗り切る方法

汗ばむ季節になってきました。


暑いからといって涼しい部屋でじっとしていたり、
カラダを動かさないでいると健康によくありません。


むしむしジメジメした梅雨と暑い夏を乗り切るために、
今からカラダを動かして鍛えていきましょう。


涼しい部屋でもできるタオル体操を紹介します。


◆ タオル体操のメリット

1.タオルがあればどこでもできる。

2.床に座ったまま、椅子に座ったままできる。

3.激しい運動ではないのでカラダに負担がかからない。


● カラダの柔軟性を高める体操

・首ストレッチ

1.タオルを頭の後ろにまわし、ゆっくり下に引く。

2.左手のタオルを少しずつ下に引き、右斜め下を見る。 
 (反対側もする)
タオル1.jpg

・背中ストレッチ

1.肩幅にタオルを持ち、前に押し出しながら
  おへそを覗きこむ。

2.タオルは前方に、背中は後方に押し出す。
タオル2.jpg
<ポイント>
・呼吸を止めずに10〜20秒かけてゆっくり
・無理せず気持ちのよいところで止める
・伸びている部分を意識する

● 筋力アップトレーニング

・胸の筋トレ

1.両手の指を組み、左右の肘で丸めたタオルを挟む。

2.肘を胸の高さに保ちながら、タオルを押し合う。
タオル4.jpg

・ももの前と膝の周りの筋トレ

1.脚を伸ばして床に座る。

2.膝の下に丸めたタオルを置く。

3.脚全体でタオルを押し付ける。
タオル3.jpg
<ポイント>
・回数は、10〜15回
・5秒かけて力を入れ、5秒止める
・呼吸は力を入れるときに吐き、力を抜くときに吸う
・鍛える部分を意識する

« スポンサーリンク »

化学食塩と天然の塩とは少し違います

食毒のお話を・・・


最近Facebookなどでは“糖質”にスポットを当てて発信されている
情報が多いです。


まあ、食全体を見渡せばややこしいもんだらけです。


そこで今回は塩の話を少々。


塩は砂糖よりも、悪者扱い
され始めた時期が早いです。


塩は人体に必要不可欠であり
細胞を引き締めて身体を温める働きをしてくれます。


しかし、塩分を取りすぎると腎臓が悪くなり、
また腎臓が悪くなると塩辛いものが欲しくなります。


腎臓は血圧の調整もしていますので、
塩分過剰で腎機能が低下すると、高血圧になることもあります。


まずは、精製された化学塩をやめることです。


いわゆる食塩というやつですね。

これは化学薬品です!


昭和46年にイオン交換膜製塩法が
認められてから、化学塩というものが出始めました。


この化学塩は天然塩と比べると、
カルシウムが53分の1
カリウムが10分の1

さらに・・・

モリブデン・セレン・マンガン等々のミネラルはまったく含まれておりません。


ただし、これは2001年3月までの時限立法でしたので、
それ以降は天然塩も容易に手に入るようになってきています。


○○の塩とか、どこそこの岩塩とかですね。


少々コストが高くなりますが、一番良いのは天日干しの塩です。


天日干しだと、体内でNa+とCl−に分離しますのでね。

是非見直してください。


天日干しの塩であれば、少々過剰でも大丈夫です。


塩分の過剰摂取は、前述の通り腎臓が影響を受けてしまいます。
ですので、身体はねじれるタイプの歪み方をします。


異物混入とかで騒いでますけど、
食塩なんかそのものが異物より怖いんちゃいますかー。


異物混入は困るけど、でも
それで死ぬことはないもんな。

« スポンサーリンク »

1日5分走るだけで、血圧も下がって寿命が3年延びる!?  

medicaldaily.comの記事

「走ることで得られるメリット」

が書かれていました。


走らない人にとってみると、走ること=辛いことというイメージだと思います。
そして、体型維持やダイエットのためでなければなかなか、
走ろうとは思わないのではないでしょうか。


しかし、走ることには健康になるための様々な要素が含まれています。
さらには、1日5分走るだけで、寿命が3年も延びるそうですよ。


■1:脳の働きが良くなる


適度な運動は、心臓の動きを活発にさせ、脳を含む体中の血の巡りをよくしてくれます。


2013年、「Frontiers in Aging Neuroscience」では、
ランニングなどの有酸素運動を短時間行うことによって、脳が活性化し、
認知能力が向上し、心臓血管の動きもよくなり、健康的に年齢を重ねることが
可能になるという研究結果が発表されました。


座っていることが多い人は、脳の海馬(記憶や空間学習能力に関係する部分)への
血流量が減り、アルツハイマーになる可能性が高まるようです。


ただし体を動かすことは、脳の一部に影響を与えるということで、
脳全体の血流量があがる訳ではありません。


■2:気分がよくなる


嫌な日でも、そうでない日でも、走ることで気持ちは明るく、ポジティブになります。
ランナーズハイという言葉があるように、走った後には多幸感を得ることができます。


2012年に「The Journal of Experimental Biology」で
発表されたところによると、激しく、持続力が必要な運動を行うと、
脳内化学物質のひとつで、気分を向上させる物質が増加することが報告されています。


■3:不安や鬱もすっきり、よく眠れるようになる


朝、走りに行くことでその夜の快眠効果が期待できます。


2012年の「Journal of Adolescent Health」では、
朝、走っている人は十分に睡眠をとれていることが発表されました。


また、睡眠の質、気分、さらには日中の仕事への集中力も向上し、
昼寝の必要性も感じないそうです。


朝以外に走る場合も、睡眠に良い影響を与えます。
運動は体温を上げてくれます。


そして、体温が下がることによって、運動をした後に眠気が引き起こされます。
目覚めもすっきりし、不安や鬱にも効果があります。


■4:血圧を下げる


走ることを含む定期的な運動は、血圧に好影響を与えます。
走ることで、一時的に血圧は上がってしまいますが、運動することで
自然と起こる血圧上昇は心配する必要ありません。


1日5分、走るか、もしくは15分、早歩きすることによって、
高血圧、高コレステロール、糖尿病になるリスクを軽減することができます。


■5:心疾患のリスクを下げる


2014年の「Journal of the American College of Cardiology」で
発表された研究結果によると1日5分、走るだけで心臓血管疾患になるリスクは半分になります。


定期的に走っている人は、病気で死亡する確率が30%低くなり、
また心疾患に限って言えば45%も死亡する確率が低くなるそうです。


■6:寿命が長くなる


「Journal of the American College of Cardiology」では、
走ることが、病気になるリスクを下げるだけではないことも発表されています。


平均的に、走っている人は、ただ座っているだけの人よりも3年程、
寿命が延びるそうです。


1日、たった5分走ることを続けるだけで、寿命が延び、
また医者いらずの体になるということですね^^


と言って、いきなり走ったり、最初から高い目標値を設定するのはダメですよ。
必ず体をほぐし、走った後のストレッチも欠かさずにしましょう。


またどうしても走ることは考えられない、という方は1日15分、早歩きをしてみてください。
無理をせず、続けられる運動を選ぶことが大切です。


ジムなどに行かなくても、仕事帰りに頑張って1駅分早歩きするだけで、
継続すれば十分に効果を感じることができると思います。

« スポンサーリンク »

生理の周期を知ってダイエットする

生理周期を知ってダイエットする。


1.生理前後10日

それは生理前後10日の間の出来事ではないですか?
生理前後の10日間位は、女性ホルモンのエストロゲンが低下している時期です。


この時期は脂肪組織で、脂肪の合成を促すリポタンパク質リパーゼも増えています。
食欲が増す時期でもありますが、食欲のまま甘いものやカロリーの高いものを
食べ過ぎるとすぐに体重が増えてしまいます。
基礎体温.jpg

2.生理後

生理が終わってからの3、4日後から排卵日の次の日くらいまでは
エストロゲンの分泌が増える時期です。


エストロゲンは体脂肪の分解を促すホルモン感受性リパーゼ(HSL)を活性化します。
有酸素運動をすることにより、HSLの脂肪を分解する働きはさらに促進されます。


ということは、生理が終わってからの8〜9日間にジョギングやウォーキング、
エアロビクスなどの有酸素運動をすれば脂肪燃焼効果が最大になるということです。


この時期は毎日、少なくとも1日おきに、
30分以上の有酸素運動がオススメです。


3.食欲が止まらない時

エストロゲンが低下している生理前後の10日間くらいは、
基礎体温が高く基礎代謝も高くなっています。


しかしホルモンの関係で食欲も増加し、
脂肪の合成も活発な時期だから太りやすいのです。


また便秘になりやすい時期でもあります。

こんな時期は無理に食事量を減らすのではなく、
食物繊維を意識して食べるようにして、全体の摂取カロリーを抑えましょう。


4.カラダのリズムを知って賢くダイエット
基礎体温.jpg

女性のカラダと心はとてもデリケート。
ホルモンで食欲も左右されますが、体重の増える時期には神経質にならず、
脂肪が分解されやすい時期に運動を頑張る。


ダイエットはONとOFFとメリハリをつけることも長続きのコツです。

« スポンサーリンク »

ロコモ度チェックして、簡単筋トレで解消する

こんな経験ありませんか?

□ 立って靴下が履けない

□ 靴を履く時よろける

□ 階段を降りるとき怖い

□ 歩幅が狭くなった

□ 横断歩道を青信号で渡れない

□ バスや電車でよろける

□ 重いものが持てない

□ 何かを持たないと立てない

□ なんでもないところでつまずく

□ 手すりが無いと不安

□ 服がすぐに着れない

□ カラダが重く感じる

□ 家事が疲れる

□ 瓶の蓋が開けられない

□ 脚立に上がるのが怖い

□ 高いところのモノが取れない

□ 布団を上げ下ろしがつらい

□ 少しの段差でひっかかる

□ 姿勢が悪くなってきた

□ 長い時間、歩くのがしんどい

□ 掃除機をかけるのがしんどい

これらは、筋肉に力がなくなったためです。


30歳を過ぎると、年に1%とづつ筋肉量が落ちていき、
50歳を過ぎると急に減っていきます。

筋肉量の.jpg

そのため、50歳を過ぎた頃から、自分の思い通りに
動けなくなることが多くなってきます。


ですが、動きづらくなったカラダの悩みを解消するには、
筋肉を再び増やすことです。


一度、落ちてしまった筋肉でも、鍛えれば増やすことができます。
骨や関節に比べて、筋肉は早く回復します。


筋肉は、約48日で約半分生まれ変わります。
骨は7年、関節は117年かかります。

きんにく.jpg

年齢に関係なく何もしなければ、筋肉は減る一方ですが、
きちんと鍛えれば、何歳からでも増やすことができます。


◆ 簡単な運動を紹介します ◆

テレビを見ながら、家事をしながらしてください。
ロコモコ

・背伸び
背伸び.png

・もも上げ
筋トレ1.jpg

・スクワット
筋トレ2.jpg

筋肉には「歩く」「走る」「座る」以外に、関節や骨などを
支えるという役割があります。


カラダの動きを安定させ、きれいな姿勢にしてくれます。

くび猫背.jpg


筋肉を増やすことを心がけることが、いつまでも自分のことは
自分でできる、健やかなカラダづくりにつながります。


筋力を高める方法の一つには食事が大切です。
筋肉はタンパク質でできていますから、筋力を高めるには、
タンパク質を摂り入れることが大切です。


筋肉のためには、肉や魚、卵、チーズなどのタンパク質豊富な
食材をバランスよく摂りましょう。

« スポンサーリンク »

せきやくしゃみをすると尿漏れする|ながら運動で改善

せきやくしゃみをしたはずみに尿が漏れてしまう。

これは、大人の女性なら誰でも起こりうる症状です。
心配しないでください。


成人女性の約70%の方が、「尿漏れ」を経験されています。
軽い尿漏れは出産前後や加齢がきっかけになることが多いです。


一番の原因に考えられるのが{骨盤底筋のゆるみ}です。
この骨盤底筋は、肛門や尿道を締める働きをしている筋肉です。


出産や加齢とともに筋肉の弾力性が低下するため、
尿が漏れやすくなります。


◆ 尿漏れには、2タイプ

・腹圧性尿失禁

 お腹の圧力がかかったはずみに起きる尿漏れです。
 原因は、骨盤底筋群のゆるみにあります。

 出産や肥満、加齢による筋力の低下して起きます。


・切迫性尿失禁

 急に強い尿意を感じると我慢できなくなってもれてしまう尿漏れです。
 原因は、膀胱が過敏になり、勝手に収縮してしまうためです。

 場合によっては、薬の服用が必要になります。


軽い尿漏れは、日頃のちょっとしたことで改善される場合が多いです。

1.骨盤底筋群を鍛える
 
  尿漏れの一番のの原因は、尿道をしっかりと締めれないためです。
  なので、肛門と膣をぎゅうっと締めて、5秒止める運動を5回する。

  イスに座って、仰向けに寝て、真っ直ぐに立って、テレビを見ながら 


2.体重を減らす

  肥満の人は、脂肪が骨盤底筋群の上に乗っているので筋肉が緩み、
  脂肪が膀胱を圧迫して頻尿になったり、尿漏れしやすくなったりします。

  太り気味の人は体重を減らしましょう。
  

3.我慢する

  切迫性尿失禁の場合、早め早めにトイレに行く人がいますが、
  膀胱が小さくなってしまうので、少しの尿意で行きたくなります。

  少し我慢して膀胱の容量を増やすことを考えましょう。 

« スポンサーリンク »

メタボより怖いサルコペニアって何?

最近、よく話題になるサルコペニアを知っていますか?


サルコペニアとは、運動不足、食事の偏り、無理なダイエット
(タンパク質や必修アミノ酸不足など)による筋肉量、筋力の低下や
身体能力の低下のことです。


食事ダイエットだけで体重が減っても、そのうち半分は筋肉量も
減ってしまっています。


筋肉量は20歳以降、加齢に伴い一年に1%減少します。
女性より男性、上肢より下肢がより大きく減少します。


特に大腿前部の筋肉(大腿四頭筋)と腹部は重要で、
その減少は膝痛や腰痛の原因になり、痩せていても起こります。

サルコペニア.jpg

メタボ(内臓脂肪の増加)は動脈硬化を引き起こし高血圧や
糖尿病の原因になりますが、生活活動には筋肉量や骨強度の方が
重要で、単に体重が減ればいいというものでないことが分かってきました。


また筋トレ習慣のある高齢者ほど長寿であり、
高次脳機能(注意力や問題解決能力)が高いことも分かっています。


アンチエイジングのための運動はウォーキングなどの有酸素運動の他に、
腹筋運動やスクワット、片足立ちなどの筋トレを笑顔で楽しく行うといいでしょう。


★ 健康長寿実践の4ヶ条 ★

1.メタボなどは若いうちから「カロリー制限」により克服する。

2.緑黄色野菜などの「抗酸化作用」のある食品を摂る。

3.禁煙し筋トレや歩くことなど活発な「身体活動や運動」をする。

4.いつも笑顔「ごきげん」「上氣元」でいる。

« スポンサーリンク »
1 2 3 4 5 .. 次のページ »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。