ホーム » 冷え

生理不順 | カラダの冷えが大敵

女性なら誰もが付き合っていかなければならない
「 生理 」。


生理は、いくつかの女性ホルモンが複雑に反応して
起きますが、このホルモンのメカニズムはちょっとした
生活の乱れやストレスに影響を受けやすく、
心や体に何らかのトラブルがあると生理が遅れたり、
止まってしまいます。


自分の心や体の健康のバロメーターにもなる生理周期。


まずは、簡単にできるセルフチェックで、
生理不順になりやすいかどうか確認してみましょう。
腰痛い.jpg

以下の質問のうち、いくつ当てはまるのか、
チェックしてみましょう!


★ チェックスタート!


□ 生活が不規則である

□ 人間関係や日常生活で大きなストレスがある

□ 体に負担が大きい運動を良くする

□ 環境の変化に弱い

□ ダイエットをしている

□ すぐ疲れたり、かぜをひいたりするなど体力があまりない

□ 冷え性である

□ お風呂はシャワーですませることが大半

□ 生理前は情緒不安定になりがちだ

□ 2ヶ月以上生理がこないことがある

□ 生理周期が40日以上ある

□ 生理周期が24日以下だ

□ 生理の血液の量が少なく、ナプキンがほとんど必要ない

□ いつも貧血気味だ

□ 生理の血が黒っぽい

□ 生理の血の中にレバーのようなかたまりが混ざることがある

いくつ当てはまりましたか?



◆「0〜4個」

生理不順の可能性 低

今のまま規則正しい生活を保つようにしましょう。


ただ、現在は生理不順の可能性は低くても、
ちょっとしたことが原因ですぐに生理周期が
乱れることがあります。


体の不調を感じたらゆっくり休むと同時に、
おかしいなと思う事があれば早めに病院で
相談するようにしましょう。


◆「5〜10個」

生理不順 予備軍

すでに心や体に無理がある生活をしていませんか?


まずは身近な生活習慣の見直しから始めましょう。
バランスの良い食事や適度な運動をするようにし、
ストレスをできるだけためこまない工夫をするようにしましょう。


また体の冷えも大敵です。

特に足先など冷えやすい箇所を積極的に温めたり、
ゆっくりお風呂に浸かるなどして、
しっかり体をあたためるようにしましょう。


◆「11〜16個」

生理不順の可能性 高

すでに生理不順になっていませんか?


もし今は生理不順じゃなかったとしても、
この先、生理不順になってしまう可能性が高いです。


生理不順だと、将来妊娠したくても妊娠しにくい体に
なってしまうこともあります。


今のうちから規則正しい生活をして、
できるだけ自分の体の調子を
整えておくようにしましょう。


また、生理周期が短い場合や長い場合、
生理の血の様子がいつもと違う場合には、
婦人科系の病気が隠れている場合もあります。


なにかいつもと生理の様子が違う時には、
病院で相談するようにしましょう。


いかがでしたか?

生理周期は生活習慣を映す鏡。
健康的な生活習慣を送ることで生理周期も安定してゆきます。


生理不順でいると、ホルモンバランスの乱れを引き起こしたり
不妊の原因になったりするなど、さらに不健康な状態の連鎖に
陥ってしまうこともあるかもしれません。


まずは、できるところから健康的な生活を
心がけてゆけるとよいですね。



« スポンサーリンク »

夏こそ冷え対策をしましょう

もしかして、夏なのに手先も足先も冷えてませんか? 


冷え性の人は季節を問わず手足が冷たいため、代謝が悪い状態。
そのため着るものも気をつけるかもしれませんが、食べるものにも
こだわりがあるのでは?


こだわりすぎがNGです。


カラダを温める食べ物を食べればOK! と思い、夏でも冬でも
体温アップ効果食材を積極的に食べていませんか? 


しかし、食べすぎは逆効果を与えることもあります。
効率よくカラダを温めるためにも、とりすぎには注意したいところです。


◇カラダを温める食材とは


まず、カラダを温める食材とはなにでしょうか? 
玄米採食などでは、野菜や野草などを陽性と陰性にわけており、
それらをバランスよく食べることが健康的な食事とされています。


陽性とはカラダを温める食材です。
冷え性の人は、陽性と呼ばれる温かい食材にばかり目を
向けがちになっています。


・陽性の食材


陽性の食材には、体を温めると有名なニンニク・ネギ・ショウガ
などがあります。


そのほかにもニンジン・カボチャ・唐辛子・タマネギなどの
野菜があります。


玄米も白米とは違いカラダを温める食材です。
コショウやサンショウ、味噌、酢などといった調味料なども
カラダを温めてくれます。


◇強すぎるものはほどほどに


陽性の食材のなかでも、香辛料と呼ばれるコショウや唐辛子、
ニンニクなどのようなものは、陽が強すぎてカラダの刺激となってしまいます。


陽が強いと一時的に体を温めてくれますが、強すぎると逆の効果が・・・
それが、カラダから訴えてくる防衛反応です。


■どんな防衛反応が?


もともと冷え性で血流が悪い人は、刺激が強い陽の食材を
たくさんとり入れると血管が拡張してカラダがポカポカになります。


しかし一気に血流がよくなることで、湿疹が出るといった症状や、
手先足先の痺れを感じることもあります。


これらは防衛反応ですが、一時的な症状とはいえさけたいところです。


■胃腸が渇く!?


カラダを温める食材ばかりとっていると、胃腸内は陽性な状態に
一気に近づきます。


カラダの表面は寒いかもしれませんが、腸内が熱くなり渇きを
感じることに。


うるおいがなくなるので便秘になったり、肌もボロボロになってしまいます。


・緩く温めていく


カラダを温める食材をとり入れるなら、緩く温めてくれる食材にしましょう。
たとえばニンジンやカボチャ、玄米などはカラダを緩く温めていきます。


少しずつカラダを温めていくことで、体内を冷えさせていた陰な部分が
徐々に減少していくため、防衛反応のような症状が出にくくなっていきます。


◇陰性の食材もとり入れる


カラタを徐々に温めてくれる陽性の食材を食べればそれでOK! 
というわけでもありません。


胃腸の負担とならないよう、陰性の食材もあわせて
バランスよくとりいれていきましょう!


◇食卓を一工夫して


代謝をよくしてカラダを温めていきたいなら、体内の温度を一定に
保つようなイメージで整えましょう。


陽性、陰性の食材はバランスを考えて、さまざまな食材を
とり入れるのがポイント。


麺類などの陰性食材は、夏によく食べますよね。
そのような食材には、緩くカラダを温めるタマネギやニンジンなどと
一緒に食べるとよいですよ。

« スポンサーリンク »

冷え性・低体温は、体調不良の元|5つのメソッドで改善

暑〜い夏でも、オフィスやお店では体が冷えがちではありませんか?
また、ときには冷える夜もあり、朝起きたら体がひんやりしている
こともあるでしょう。


冷えが美容と健康の大敵であることは、みなさんご存じのはず!
冬だけ意識しがちな温活ですが、実は夏こそ大事なのです。


そこで今回は、体温が35℃台から36.5℃にアップできた私が、
効果を感じた冷え解消メソッドをご紹介します。


■冷え性を克服したメソッド5つ

体温が低いということは、代謝が悪くて痩せにくく、肌も荒れやすい状態。
また免疫力も低くなるので、風邪をはじめ、あらゆる病気にかかりやすく
なったり、アレルギーなども引き起こしやすくなります。


もしあなたの体温が36.5℃以下ならば、
今すぐ下記の方法を試してみてください!


(1)ビタミン・ミネラルを毎日しっかり摂る


ビタミンやミネラルは代謝に関わり、体の機能を保つための重要な栄養素です。
代謝とは、食べ物からエネルギーや熱を作り出して消費すること。


だからビタミンとミネラルが不足すると、体温が低くなってしまうのです。
ビタミンとミネラルは、野菜や魚介類などから摂ることができます。
抹茶、豆腐、カタクチイワシ(煮干し)、寒天の4つを食べるとまんべんなく
摂れるので、筆者はこれらをお味噌汁に入れるのをおすすめします。


難しければ、マルチビタミン・マルチミネラルのサプリメントを活用して。


(2)大事なところを温感パットで温める


太ももを触ってみてください。冷んやりしていませんか?
下半身を温めるには、生理用ナプキンのように下着に装着できる
温感パットの活用がおすすめ。


内側からじんわり体が温まるのを感じられます。


(3)ホットパンツ・レッグウォーマーを着用する


薄手のホットパンツを常に履いて、お腹周りや骨盤周りを
冷やさないようにしましょう。


自宅や、冷えやすいオフィス・カフェなどでは、
こっそりレッグウォーマーを履いて。


(4)カフェではホットドリンクを


夏は冷たい飲み物ばかり注文しがちですが、できるだけ温かいもの
を選ぶようにしましょう。


水も氷なしで頼むと、なおよいです。


(5)体感を鍛える


筋肉量を増やすのも、体温を上げるためには大切です。
体感トレーニングをすると、姿勢もよくなりますよ。


夏は意外と冷えがちです。


上記の温活法を取り入れて、36.5℃をキープしてくださいね

« スポンサーリンク »

カラダ冷えていませんか?お腹ほぐしてインフルエンザ予防

平熱が35度台という”低体温”の人が増えています。


手足が冷えて冬場はしのぎづらいだけでなく、
わずか1度の違いが健康状態を大きく左右します。


体温が1度下がると、免疫力は30%も低くなります。
反対に体温が1度上がると免疫力は6倍近くも高くなります。


体温が上がると血流が良くなります。
血中には免疫機能を持つ白血球があり、それらがカラダを巡ることで
体内の異物を発見し、素早く駆除します。


体温が低いと細胞の動きは鈍りますが、がん細胞だけは35度台の時に
最も活発に増殖します。


下の図を見れば分かります。
体温と症状1.jpg


身体のことを考えると体温が37度の時が最も理想です。


病気になりにくいカラダを手に入れる最もシンプルな方法は、
<体温を上げる>ことです。



そのためには、筋肉をつけることと、湯船につかって1日一回でも
体温を上げる工夫が必要です。


ウオーキングや乾布摩擦などをして寒さに強いカラダ作りをしましょう。


また、内臓が固くなってお腹が冷えている人も多くいます。
お腹に手を当てて見てください。


手が温いと感じた人は、お腹が冷えています。
そんな方には、<内臓リフレッシュ>でお腹をほぐして体温を上げましょう。

« スポンサーリンク »

頭痛して身体がだるい|夏の冷えが原因

夏の冷えは自覚がない!


夏は暑くて汗がダラダラ・・・
自分は「冷え」なんて関係ないと思っていませんか?


でもちょっと待ってください。
実は夏こそ体の中が冷やされて体調不良の原因になっています。


□ 外と室内の温度差がツラい

□ 主人が寝室のクーラーをきかせすぎて、寒くて眠れない。

□ 湯船につからず、シャワーで済ませがち。

□ エアコンがきいた部屋で薄着でゴロゴロしている。

□ 夏はやっぱりビールでしょ!
  アイスクリームもやめれない。


いくつ当てはまりましたか?
心当たりあるあなたは、危険!


危険度レベル チェック2個 中

冷房のきいた室内と外気温とのギャップで身体のいろいろな機能を
調整する自律神経のバランスが乱れやすいので、だるさを感じます。


食欲不振になるなど、いわゆる夏バテの症状を引き起こす原因
となります。


危険度 チェック3個以上 高

特に怖いのは「内臓の冷え」!
冷たい食べ物をとると胃腸などの内臓が急激に冷やされます。


結果、血の巡りも悪くなり、免疫機能が低下します。
体調不良や病気になりやすい身体になってしまいます。


内臓が冷えると


不眠、頭痛、腰痛、むくみ、だるさ、便秘・下痢、肌のくすみ
疲れがとれない・・・・


冷えを撃退しましょう。


人間の身体は、とても精密にできています。
その精密さはさまざまな臓器、筋肉、それらをつなぐ神経や
血管、ホルモンなどの働きがれんけい・協調しあうことで保たれています。


そのため私たちの体は、一つのことが一つのことだけに対応している
のではありません。


たとえば、質のいい睡眠をもたらすメラトニンというホルモンは、
たんに睡眠の質を良くするだけでなく、胸腺を刺激し、免疫力を
高める働きもしています。


その他にも脳の老化を防いだり、男性であれば精子の劣化を
防ぐ働きも持っています。


つまり、睡眠の質が悪いとその悪影響は目には見えなくても
全身に及んでしまいます。


内臓の冷えを取る方法は、こちらを読んでください⇒「内臓リフレッシュ」


内臓の温度を上げてくれる食材の代表は、ショウガです。
普段から食事の中に入れて食べるように心がけましょう。

« スポンサーリンク »

夏の冷え対策 その3 冷え予防の筋トレが有効

冷房や冷たい食事など身体を冷やすことが多い夏。
適度な運動などで筋力を作ることも冷え対策になります。


筋肉が落ちると身体が冷えやすくなります。
通勤時は階段を使ったり、人液歩いたりして下半身の筋肉を
維持することが必要です。


朝夕の涼しい時間に30分ほどウオーキングすることもお勧めです。


冷えやすい足や肩などを、簡単な運動で動かすことも有効です。
足の指を動かすと、ふくらはぎやももの筋肉を使うため、
下半身の血液循環がよくなります。


・足の指でタオルを引き寄せる。
タオルよせ.jpg

・両手を挙げて万歳をした状態で10秒止める。
僧帽筋が鍛えられて、肩や手先の冷えが予防できます。

職場の休憩時間や自宅でテレビなどを見ながらやって見てください。


食材には身体が冷えやすい物があるので、食事のバランスには
気をつけましょう。


寝る前は、コーヒーや緑茶はダメ!
紅茶、ココアなどで身体を温めましょう。


冷たい物を飲む時は、ネギやショウガなど身体を温める作用があるものや
温野菜などをできるだけ一緒に食べましょう。


夕食には、レタスやキュウリなど身体を冷やす野菜などは控えましょう。


夏の体調管理を十分しないと季節の変わり目に体調を崩す人が多いです。
冷えは年々悪化するので、日々の対策の積み重ねが大切です。

« スポンサーリンク »
タグ / 冷え 対策

夏の冷え対策 その2 保湿の工夫

身体のだるさやむくみを招くこともある「冷え」。


仕事で長時間冷房の中で過ごす場合は、服装などに
気を付けることが大切です。


筋肉が多い部分、太い血管のある部分は血流が多く、
ここが冷えると身体全体が冷えてしまいます。


太ももや二の腕、首などを、冷やし過ぎないようにしましょう。


電車などで通勤する時、冷えやすい女性は、ノースリーブや
短いスカートなどを避け、二の腕までカバーする袖があるシャツや
パンツにしましょう。


履物も、ミュールやサンダルなどを避け、素足でなく靴下を
履くようにしましょう。


オフィスでは、冷房の効き具合によって、羽織るものやカイロなどを
使いましょう。


冷たい空気は足元にたまるので、下半身に冷えを感じる人には、
膝などに湯たんぽ矢お湯を入れたペットボトルをのせて温める
ことを勧めます。


レッグウォーマーなども良いでしょう。


一方、制服など着る服が決まっていてり、立ち仕事をしたりする人は、
温熱シートやカイロを冷える部分に張りましょう。


事務仕事などをする時の姿勢も大事です。
姿勢が悪く身体が傾いていると、支える側の筋肉が硬くなり
血流が悪くなるので冷えやすくなります。


背筋を伸ばして床に対して垂直にしましょう。
疲れたら、立ったり少し歩いたりして、軽く身体を動かしましょう。

« スポンサーリンク »
タグ / 冷え 対策

夏の冷え対策 その1 お腹を冷やさない

暑さが厳しくなるこれからの季節。
自宅や勤務先での過度の冷房はカラダの不調を招きます。


夏の冷え対策をしっかりして乗り切りましょう。


体温調節は自律神経の働きによって、血管が拡張してり
汗を放出したりして行われます。


強い冷房に慣れてしまうと、体温調節機能がうまく働かなくなります。
冷え性が悪化し、手足の冷えだけでなく、肩こり、だるさ、むくみなど
の原因になります。


暑いとつい冷やし過ぎてしまいがちです。
外気温と室温の差が5度以内なら自律神経も対応しやすいです。


なるべく冷房の温度は26度以上に設定しましょう。
できれば28度に。


扇風機を併用し、人に直接冷風が当たらないように空気の流れを
作ると涼しく感じます。


また、市販の冷却シートや水に濡らすと冷えるタオルなども
利用するといいでしょう。


寝る時は冷房を、つけっぱなしにせず、部屋をある程度冷やしてから
冷房を切るか30分から1時間のタイマーを設定しましょう。


寝ている間は体温調節機能が低くなり、冷えやすくなるからです。


寝間着は、薄手でも長袖、長ズボンのほうがいいでしょう。
お腹を冷やすと全身が冷えやすくなり、夏風邪にもつながるので、
暑くてもお腹の部分は布団をかけるようにしましょう。


暑さが我慢できない場合には、となりの部屋だけに冷房をつけて、
ドアを少し開けて冷気を入れるといいでしょう。


食事や入浴などに気をつけることも冷え対策になります。

« スポンサーリンク »
タグ / 冷え 対策

花粉症などのアレルギー症対策

花粉症は、スギ花粉やヒノキ花粉などの異物が、体内に入ったときに
起こるアレルギー反応です。


各種アレルギーの起きる要因のひとつに免疫力の低下があります。
健康な人の体温は平均36、5℃〜37℃がベストです。


しかし、現代は36℃を下回る低体温の方が増えてきています。

体温と身体の状態
体温と症状1.jpg

自分の体温が低いかを知る方法

・お腹に手を当ててどちらが温いか知る。

 お腹が温いと感じた人は大丈夫です。
 反対に手が温いと感じた人は体温が低いです。

・爪の色を見る。

 白っぽく明るさにかけている人は低体温です。
 ピンク色の人は大丈夫です。


アレルギー症になった時の対策

まずは免疫力を上げるために、しっかりと身体を温めて下さい。
体温が1度上がると、免疫力が30%上がります。


方法1.冷たい飲み物を控え、温かい飲み物を飲む。

方法2.サプリメントやショウガ紅茶などで温める。

方法3.ゆっくりお風呂に汗ばむまで入浴する。

方法4.鍼灸治療でお腹をほぐす。

方法5.内臓リフレッシュでお腹をほぐす。
施術お腹の.jpg

薬に頼るよりも体質改善を・・・

<薬を服用する場合>                <サプリメントを飲む場合>

a アレルギー対策の薬である抗アレルギー剤、    a冷え取り食材のNo1はショウガ。
 抗ヒスタミン剤の副作用には、眠気や倦怠感がある。 ショウガの中でも金時ショウガは普通のショウガに
 その他にも、喉が渇く、吐き気、トイレが近くなる  比べてあたため成分が数倍も豊富。
 こともある。

b他の病気がある方など薬を服用することが出来ない  b食品なので、病気の方も安心して飲めます。
 方もいます。                    *心配な方は医師にご相談下さい。
 
cアレルギーの薬は2、3ヶ月と長期服用しなければ  c薬ではないので、いつでも好きな時間に手軽に
 ならず、辛いときだけ飲むという飲み方ができない。 飲めます。小さいお子様も飲めます。

d副作用だけでなく、体がその薬に慣れてくると、   d飲み続けて、体が慣れてしまうことはありません。
 そのうちに効かなくなってくることも。       むしろ、続けることで体質改善につながります。


生活習慣や食事によって体質改善をすれば、
薬に頼らない花粉症対策ができます。

とにかく.jpg

« スポンサーリンク »

冷え性のタイプは4つ|自分のタイプを知って改善

カラダの冷えは、女性の敵!!


放っておくと、むくみや肩コリ、便秘、肌あれなど、
さまざまなトラブルを引き起こします。


また、太りやすい体質にもなります。


冷え性は体質だからとあきらめないで!!
自分のタイプを知ると無理なく効果的に改善できます。


タイプ別 冷え性 CHECK

タイプ1.
□ 特に、手先足先が冷える
□ 秋口から春先までが特につらい
□ 爪割れ、さざくれ、しもやけができやすい
□ 足の指を動かすのが苦手


タイプ2.
□ 冷えは感じないが手足がほてる
□ 胃腸が痛むことがある
□ 原因不明のかゆみがある
□ 夜寝つきや、朝の目覚めが悪い


タイプ3.
□ 特に腰から足にかけて冷える
□ 手足が氷のように冷える
□ 上半身はほてっているのに、下半身は冷える
□ ひどい生理痛や生理不順がある


タイプ4.
□ お腹、お尻、ふくらはぎが一番冷える
□ むくみやすい
□ ダイエットしてもサイズダウンしない
□ お尻、太もも、腹部の皮膚にデコボコがある


どのタイプに、一番多くチェックが入りましたか、
一番多く入ったところが「あなたの冷え性のタイプ」です。


タイプ1=抹消血管収縮型冷え性

血管が収縮することによって、皮膚温度が低下するタイプ


タイプ2=かくれ冷え性

抹消血管が熱を放出しようとするために、表面の温度が上がってしまうタイプ


タイプ3=内臓温度低下冷え性

お腹の下の部分がうっ血するため、内臓が冷えてしまうタイプ


タイプ4=セルライト型冷え性

むくみが原因で形成されたセルライトが局所の血行不良をおこし、
悪循環を繰り返してしまうタイプ


★  タイプ別 冷え性 改善法  ★

タイプ1=抹消血管収縮型冷え性
手足の先が痛みを感じるほど冷えるのは、抹消血管にまで血液が行き渡って
いないためです。


手の指と足の指に刺激を与えて血行を促進することが大事です。
「手足の指ずもう」をしてください。


タイプ2=かくれ冷え性

手足がほてるので、「冷え」に気づかないのがこのタイプ。
改善するには、自律神経のバランスを整えることが大切です。


それには「爪もみ」です。


タイプ3=内臓温度低下冷え性

内臓の働きが弱まりお腹の温度が下がると、脳は血液を内臓に送ろうとします。
その結果、心臓から遠い下半身が冷えたり腰痛を引き起こしたりします。


内臓を温めるのには「腹式呼吸」が一番です。
仰向けに寝て、両手をお腹に置き、鼻からゆっくり息を吸いますが、
この時にお腹を膨らませることが大事です。


吐く時は、口から吐き、お腹をへこませます。
手のひらでお腹が上下するのを確かめながらしましょう。


それともう一つ「内臓リフレッシュ」でお腹を緩めることです。


タイプ4=セルライト型冷え性

セルライトとは、脂肪細胞のまわりに老廃物や水分などが絡みつき肥大化したもの。
それが血流を妨げるため、カラダが冷えてしまうのです。


セルライトは代謝が悪いと増加します。
骨盤を正しい位置に戻して代謝を上げ、老廃物を流し出してセルライトをなくしましょう。


自宅で出来る「骨盤矯正」


あなたはどのタイプでしたか。
最後に、冷えがある人もない人も、やって欲しいのが「風呂上がりのお水かけ」です。


私は、年中お水をかけています。
そのおかげで、ここ何年と言っていい程、風邪を引いたことがありません。


風呂から上がる時、足→腰→顔→右肩→左肩→首っといった順番でかけています。
私の妻は、私と結婚してから水かけを始めて、6ヶ月で冷えがなくなって
子供を授かりました。


産婦人科の先生によると、「不妊治療は、1年以上かかる」と言われてましたが。
みなさん、勇気を出して「お水かけ」やってみてください。

1週間から10日で、お風呂を上がってすぐに服を着なくても寒くないのが
分かります。


お布団に入ってもすぐに温もって、寝てしまいます。

« スポンサーリンク »
1 2 3 次のページ »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。